Androidアプリ開発に挑戦してみた(序)

Androidアプリ開発に挑戦してみた(序)Shift++β


作りながら覚えるAndroidプログラミング 改訂版

一番、オーソドックスというか元からある開発言語としてはJava
iOSのObjectーC即ちAndroidだとJavaって事なんだけど
開発環境(IDE)はEclipseっていう定番で、普通にOS Xでも動かせちゃう

iOSアプリは言語が何であれMacでしか作れないのだけれど
Androidは普通にMacでも作れちゃうって事

流行のというか、取っつきやすそうなHTML5+CSS3+JavaScriptで作るWebアプリなら
デバイスは関係なかったりするのだけれど
やっぱりブラウザ経由になるのでスタンドアロンで作れたとしても、遅いという話

も一つはAPIをJavaScriptで叩いて実行形式にしちゃうっていうのがあって
一番熱そうなのがアドビが吸収したPhoneGap
JavaScriptだけで実装させちゃうっていうのがTitanium
iPhoneも相当処理速度上がってるし、Androidデバイスはというと
デュアルコアは当たり前でクアッドになってたりするんで、JavaとかObjectーCで
作らなくても、Javaより汎用的なHTML5+CSS3でレイアウト作って
JavaScriptでAPI叩くっていうのが簡単だし、ネイティブアプリと遜色ない?

ってな状況なのだけれど、いきなりJavaで試してみたんだけど
開発環境を構築するだけで大騒ぎだったっていう話


作ればわかる!Androidプログラミング―10の実践サンプルで学ぶAndroidアプリ開発入門 (Smart Mobile Developer)

Android Java本としては、こちらの方がAmazonだと人気なんだけど
作りながら覚えるAndroidプログラミング 改訂版 の方に作ってみたいアプリのソースもあり
仕方が無いというか、取り敢えず、両方買ってみた…

なんだけど、AndroidったらOSのバージョンが百花繚乱というか
1.6から最新のだと4.1.2なんていうのまでアプリマーケットでも対応バージョンが色々あって
同じ名前なんだけど、1.6対応と2.2以降対応とで2つあったり…

JDKってのも、本より進んでて上位互換じゃなかったりするから面倒だったり…
更にSDKってのを入れないと駄目で、これが又、本なんかより遙かに進んでたり
更に更にADTってのも入れないと駄目だったりするんだけど、インストの仕方が面倒だし

そもそもIDEのバージョンからして最新版だと4.×なんだけど
大方の開発環境でEclipseを紹介してるのは3.7どまり
こちらも更にで最新版4.2は半端じゃなく遅いらしいっていう地雷
更に更に、どのパッケージを入れたら良いのかっていうくらい沢山あったりして
同じ開発環境を薦めているはずの二冊の本でも違うパッケージを紹介してたりして

改訂版の補正情報を上げてる作りながら覚えるAndroidプログラミング 改訂版 の方が
幾らかマシではあるんだけど、Eclipseは地雷バージョンのままだったりして

いい加減、メジャーなIDEなんで落ち着いてくれないかと思うんだけど…

結論はというと、Eclipseなんだけどプラグイン対応もしてるAptana Studio 3で落ち着いた

Aptanaだとパッケージは一つで、元はEclipseの安定メジャー3.7
アドビのDreamWeaverキラーだって評判にもなったIDEで
JDKインストすればJavaもコンパイル出来るみたいだし、インストしっぱなしでも
HTML3+CSS3+JavaScriptは内蔵Webビューワーで確認しながら書けちゃうし
つまりはJavaでもJavaScript+PhoneGapでも一緒に作れちゃうって事っぽかった

確かにテストしてみたらJavaでも作れたしPhoneGapでも作れたし
TitaniumってのもAptanaが元になってるらしいし…

って、テスト出来るまでに丸々二日はかかってしまったというオチだったり…
PhoneGapは、更に丸一日かけてネットをさまよって、やっと…なので序のまま続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。