青少年ネット規制法が成立したらしい

青少年ネット規制法が成立したらしいShift++βいわゆる「青少年ネット規制法」が成立、どのような影響が今後考えられるのか? – GIGAZINE

一 犯罪若しくは刑罰法令に触れる行為を直接的かつ明示的に請け負い、仲介し、若しくは誘引し、又は自殺を直接的かつ明示的に誘引する情報

二 人の性行為又は性器等のわいせつな描写その他の著しく性欲を興奮させ又は刺激する情報

三 殺人、処刑、虐待等の場面の陰惨な描写その他の著しく残虐な内容の情報

キモは、この三点の範疇というか、この三点の基準判断ではないかと。
それを判断するのを民間組織に委ねるという事になってるんだが、一体誰が、どうやってチェックするんだろう?と、腕組み悩んでみたんだが…

結局の所、その民間組織が何なのか判らない。
フィルタリングを施すって、どうやるのか判らない。(予めハードにはそういうのを組み込むって事になってるけど、自作はどうするのか?とか不明瞭らしい)
何でもアリアリの閲覧、改ざん、果ては削除出来ちゃうらしいって、どうやって?

情報発信者とは、ブログを書いてる中の人たちも含まれるという事なんで、戦々恐々としちゃうわけですが、一応、有害な情報を書いているわけではないので(大半がそうだと思うけど)アフィリエイトのコードのつもりで貼り付けたら、猥褻系で、はめられて削除、なぁんていう新手の詐欺みたいなのも出来ちゃうよな、とか。

なんか「青少年」ではなくネットサービス利用者全部への法律みたいなことになってるんで、反対されてたのと、どうも監視組織ってのが怪しいというか、そこらへんの説明というか具体的な話なしで、とにかく法案成立ってのも???なんだけど。

超うがった見方をしてみる
どこかで誰かが得をしている筈なんだが、今のところ、それすら判らない。
どこの誰がメリットを享受出来るのか?それって誰?みたいな。
フィルタリングアプリケーションなりハードウェアを供給するメーカーというか組織が儲かるんだろうか?

こんなんで学校の裏サイトがなくなったり、いじめがなくなったり、自殺する人が減ったりっていうのを、どうやって効果測定するんだろうか?とか。
猥褻な情報って?昔の映画のヌードの出し方みたいな議論になるんだろうか?
殺人、処刑、虐待って、TVでもやってる、ちょっと前の映画とかの方が、圧倒的にグロいと思うんだけど。
もしくはゲームとかヤバくね?と思うんだけど。

と、何だか、正直、意味なし法案のような気がしてならない。
メリットなしのデメリットばかりって感じがしないでもない。
ヤバいというのが三年後の改正と、結局、情報発信者にはブログを開いている一般のユーザーもきっちり含まれているって事。
なんだかなぁ、アホというか、馬鹿馬鹿しいというか。
丸々ユーザー不在の身勝手法案というか、国民の意思無視の法案成立というか。業界も懸念を表明とかって、やんわりと反対意志を示していたのに、なんでだろう?と…

例のアキバの通り魔、携帯サイトに実況アップしてたらしい。
これからは、こういう掲示板とかでも多分「氏ね」は、削除されちゃうんだろうな、きっと。
すっきりとした掲示板になって、廃れちゃうんだろう。
そういうのを狙っているんだとしたら、まぁ、いくらでも打つ手はあったりするんだろうから、やっぱりザルみたいな法案ではあるんだけど。
普通の、一般的な、「氏ね」って何?っていうユーザーはいい迷惑なわけで、軽く「氏ね」ってのを見たことがあるユーザーにも勿論迷惑。
前にも書いたけど「お前が氏ねば」と返すより、無視してればいいわけなんで、有用な情報か(てか、八割方ウソ)どうかっていうのは、やっぱりユーザーの判断に委ねられている訳で、それを規正するっていう方が無理だと思うんだけど。
聞けば大手ネット系の会社は寝耳に水みたいな話だったらしいし、PTA系ですら、聞いてないよっていう話。東大教授っていう人も懸念を表明していたし、賛成!っていう人がいたんだろうか?
法律を作って強制力にするっていうのは、ある意味で間違ってはないと思うけど、それを拡大解釈したり、それを盾にとって色々な事を企んだりすることも反面出来てしまうわけで、そういうのもどうするんだろうか?と。

やっぱ監視組織ってのが気になる。
何だかとっても、すっきりしない話。でも法律なんだよな、と。今のところ、罰則はないらしいんだけど、三年の猶予期間の後の改正案ってのが、恐ろしい。
その前に解散総選挙になって欲しいんだけど…ネット規制法廃案っていう人が立ってくれたりすると、浮動票はオイシイ筈。投票できる選挙区で、そういう人が出たら、取りあえず一票投じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。