やっぱりだったSurfaceの値段…

やっぱりだったSurfaceの値段…Shift++β2012-10-17_00h40_25

マイクロソフト Surface タブレット、Windows RT版は499ドルから。Touch Cover 付属は100ドル増:engadget日本語版

フライング公開だったようで、米Microsoft Storeからは製品ページ取り下げみたい

Windowsを採用するPCメーカーにとっては純正のライバルになる存在だけに、またマイクロソフトが Android や iOS タブレットとの競争を優先して積極的な価格を設定するのではないかとの推測から、 の価格設定については緊張が続いていました。
マイクロソフトは発表当初「競合する ARMデバイスと同等の価格になる」とのみ表現していましたが、結局は「仮に199ドルならパートナーにとって大打撃」(Acer 会長)と牽制されたような価格ではなく、フル Windows 8 Pro に Core i プロセッサの Ultrabook 級タブレットより2、300ドル安い程度に落ち着いたようです。

出る前に終わった感…廉価版のベーシックモデル(Win8RT,32GB,マルチタッチ式フルキーボード付カバー付属)で、$599って、ざっと6万円って…

Win8Pro版は後出しらしいんだけど、新世代ATOM搭載の第二世代が本命っぽいし
ARM版というかTegra3のRT版が現行安々ノートPCと同価格帯ってのは駄目でしょ

ハードの売りは唯一、マルチタッチ式フルキーボード付カバーってだけで
その他は見るべきモノなしというか、Win8そのものがヤバげだってのに
ハードから込みの垂直統合をAppleみたいにやろうとしてるんだろうけど
「つもり」なだけで、何ら革新的な技術とかもないままに
未だに殿様商売で、自ら招いた結果とはいえ、サードパーティの同等ハイブリッドPCとの差別化は図れずじまいで、完全にオワコンぢゃんと

せめて5万円までとかなら、もうちょい売れそうな気もするんだけど
フライング製品ページを見ると、キーボードカバーなしのタブレット単体の価格だし
日本で売るとなった時、ギリで5万円切ってくるんだろうけど…

素直に、もう$100づつ値下げしとかないと、全く売れずっていう最悪の事態もあるんじゃないかと、ちと心配してみたり…といって、Windows8RT搭載の他社のモデルも高いし、売れそうもない感じがするんで、素直にDellとかAsusの第二世代でキーボードカバーのパクリモデル期待っていうのが現状じゃないかなぁと

ノートPC、UltraBookとかに取って代わろうとすればIntelが黙っちゃいないだろうし
タブレットとしてはOSもハードも完全に出遅れているというか
ピントがずれまくってるような気がするし、ヲイヲイ大丈夫か?っていう
PCメーカーがぼやいてるんじゃないかとも心配してしまったり…

OSのライセンス引っこ抜いて、$100ダウンってのが早々に出てきたりしたら考えてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。