Mini-ITXとかMini-Noteとか~Mini流行り

Mini-ITXとかMini-Noteとか~Mini流行りShift++βGIGABYTEのAtom搭載Mini-ITXマザーボード GA-GC230Dが展示: PINUPS – 上田新聞 blog版

PC WatchのAtom 発表記事にはD945GCLFやGA-GC230Dのほかに、MSIのWindBoard、FOXCONNの45CTP/45CTE、ECSの 945GCT-D、JetwayのJ9C2、J&WのJ945ITX01などが紹介されていましたので、これらのマザーボードもいずれ発売されるかもしれません。

また新チップセットのG45を搭載したLGA 775のMini-ITXマザーボード DG45FCやJ&WのSocketAM2対応の780G Mini-ITXマザーボード、同じくJETWAYのSocketAM2対応Mini-ITXマザーボード JNC62Kなど話もあり、今年はMini-ITXマザーボードがブレイクしそうですね。

ブレイクするのはいいんだけど、ケースとか電源とか、Mini-ITXに見合ったのが出てきてくれないとマザーだけじゃ、どうにも…
ベアボーンでもいいんだけど、やっぱり自作の人としては、ケースから選べる状況がよいと思う。
せめて鉄板候補になるような電源付きケース、Mini-ITX専用何でも来いっ!版なんてのが出てきてくれるとキラー・ハードになってくれて、Intelもオイシイんじゃないかと。

M965-Dを組んだことのあるオレ的感想なんだけど、とにかく、エアーフローってのが重要。
冷やしておかなきゃいけないのはCPUとチップセットだけじゃなくメモリも冷え冷えの方が望ましいし、筐体が小さくなった分、ストレージ(HDDとかSSDとか)の発熱、冷却っていうのも、ちょびっとだけ考えておいた方がいいと思う。
特にHDDは、一応、円盤が回転しているわけで、静音とはいえ、ぐるぐる回しているモーターなんてのも入っているわけだから、それなりに発熱はしてるはず。
光学ドライブも薄型のが入っちゃうケースとかだと、当然、熱を持つ。
入れっぱなしDVD鑑賞なんていうと、結構、あちちになりがちなんだけど、今時のは大丈夫なんだろうか?回転数セーブなんてのもあるし。

そういう意味でもSO-DIMMではなく普通のメモリが使えるのは吉かな。
まぁ2G積んでおけば間違いないし。本当は4Gくらいまで気張って積みたいけど。

今のところDVI出力のってないよなぁ…あったっけかなぁ
今さらD-Subアナログってのもない気がするんだけど。
一連のリリースは、どうも3台目くらいのお遊び自作っぽい売れ方だと読んでおきたい
まぁ1台目となると、もうちょい時間がかかるような気がするけど(せめて真っ当なベアボーンキットが出てこないと、いきなりってのは無理があるだろう)

個人的には、とってもとってもAM2のが気になる。
出たら買っちゃいそうな気がする。
でもケースはFullサイズ向け、電源も400Wとかだけど…
電源付きケースというかベアボーン出そうだけどなぁ。いつものAOpen期待。
確か台北で発表していたような気もするけど。
それか「まな板」で裸上等!状態。
多分、ですね、夏場は厳しいかも知れないけど、真夏以外はチップセットファンも制御効かせれば五月蠅くないと思うんですよ。冬は裸んぼで、完全静音でいけるような気がするんですね。
パフォーマンスは全く落ちないわけですから。BE2400の人なんで。
Atomだと、ちょっとパフォーマンス落ちちゃうんですよね。
まぁ、あんまり困らないような気はするけど…

やっぱ「Mini」流行りって事で
取りあえず静観(てか欲しそうなモノは何一つとして未だ売られてないし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。