それでもデスクトップなら新iMacよりMac miniが一押しな訳

それでもデスクトップなら新iMacよりMac miniが一押しな訳Shift++β

mac_mini

新型も現行(明日から前世代?)もMacBookProは改造しにくくなってるし

iMacは、一体型のデメリットそのまま(何処か故障したら丸ごとパー?)だし

やっぱり一押しはMac miniな訳で、新型になっても旧型の改造パーツ流用出来そうだし

素直に一番下位モデル買ってきて、SSD+HDDとメモリの換装・増設するのがいいかと

まぁ現行(mid2011)安くなったところで買いたたいても、SandyBridgeからIvyBridgeに

変わっただけといえば、それまでなので、体感とかも変わらないような気がするし

HDDブートとSSDブートの違いは起動時間が僅かに短縮されたくらいで

ソフトを立ち上げて使うという面では殆ど、判らない…

アップルストアでもカスタマイズ出来るんだけど、今時なら自前で、最低でも256GBのSSD

メモリも安くなってるんで8GB×2の16GBを奮発ってのがオススメ

CPUをIvy Bridge世代に、基本性能を強化した新「Mac mini」:ITMed PC USER
エッジ5ミリの超薄型「iMac」が登場:ITMedia PC USER
アップルが「13インチMacBookPro Retinaディスプレイモデル」を発表:ITMedia PC USER
9.7インチ版iPadは第4世代「iPad Retinaディスプレイモデル」に:ITMedia PC USER

マザーボード引っこ抜きで、ほぼ全バラシになっちゃうんだけど
新型になってもminiはサーバーモデルと同じ筐体を使っているんで
2.5インチストレージを2台積む事が出来る

最初から積んでるHDDを隠しスロットに入れるのには改造パーツ要なんだけど

それか、HDDをSSDに換装して、外付けCaseを買ってきて外付け運用でもいいし

今時だと2.5インチHDDって外付けケースUSBバスパワーで動いちゃうみたいだし

OSの引っ越しも、楽ちん(SSD+HDDにすると技が必要になる)だし

2012-10-24_08h56_46

難は、初デスクトップPCとしてだと、本体+改造パーツに加えて
ディスプレィ、キーボード、TrackPad(マウス)と自作並に一揃え必要になって
何だかんだでiMac買えちゃうんじゃないかっていうくらいの予算が必要になる

だけど、PC本体だけを見ると、winPCの組み立てキット並の価格で、完成品だし

Mac miniのリプレースで、後は、Macでもwinでも使い回せるんで、お得じゃないかと

winユーザーの乗り換えならば、ほぼ決まりで、是非とも純正TrackPadだけは買い増して欲しいんだけど、ディスプレイもキーボードも、まんま使い回しが出来るし

OSはプリインストール済みで、Officeもフリー版を入れれば、ビジネスマシンにもなるし
何より、OSのアップグレード代も激安、アップデートもwinほど頻繁ではないし
winソフトを使いたいという向きにも安心のデュアルブート構築がプリインストされているんで
Winのシステムディスクさえあれば(光学ドライブ接続かisoを転送する必要はあるけど)
デュアルブート(いわゆるBootCampってやつ)も可能だし、仮想PCソフトでもいいし

なので、これから、PCを新調するというのなら、Macはオススメだったりする訳で

なんならMacBookProをクラムシェルモードでデスクトップPCとしても使いつつ
いざとなったらノートPCとして持って出かけるなんて事も普通に出来ちゃうし

オシャレで元気な弁当箱の「持ってる満足度」は悪くないですぜ…

 2012-10-24_08h56_46

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。