iPad miniスルーKindle Paperwhite脊髄反射でポチった訳

iPad miniスルーKindle Paperwhite脊髄反射でポチった訳Shift++βズバリ、Nexus 7持ってたからです。

Nexus 7の日本発売がiPad miniより遅かったら、iPad mini買ってた可能性は大です
直ぐに買えたかどうかってのは別にして…

まぁ値段とスペックで逡巡したかも知れませんけど

何の因果か、Nexus 7は欧米で発売された時から日本でも売らないかなぁと思ってて
発売報道でぶっ飛んだ訳ですが、まだ、実機のレビューとかを見るまで飛びつくまいと

そうこうしている内に公式サイトのデリバリーがおかしな具合になって
店頭販売日には彷徨人になってた訳ですが…

逆に事前リークというかわざと漏れというか、iPad miniが同じタイミングだったらと

iPad2は折角3Gモデルにしたのに持て余してたんで、脊髄反射してたかも知れません

ほぼ同じ大きさで7インチジャストサイズと限りなく8インチに近いサイズの液晶

CPUの差もクアッドとデュアルの差ほどないような気がするし

解像度も、動画を観るレベルでも大して差はないんじゃないかなぁと

Nexus 7があったから初代iPadほどのインパクトが失せてしまったというのはありますが

Nexus 7が未だ日本で売られてなかったら、それはそれで、結構なインパクトだったんじゃないかなぁと。ちょっと冷静になってみたら、どうもその程度の事だったんじゃないかと

ただのデカいチープ版になってしまったiPad2持ちってのも前提ですけど

第3世代iPadから僅かしか経ってないのに新型?っていうのも何ですけど

考えてみたら、1年周期で新型をリリースして、へいこら買ってしまうだけの魅力的なデバイスを出してるってのも事実な訳で、猶予期間が短くなっただけで、判ってたら買わなかったか?といえば、やっぱり買ってしまうであろうっていう人も少なくないんじゃないかなぁと

第4世代RatineなiPadは10インチの王者である事は間違いないでしょう

iPad miniでRatine載せてきたら、価格差は余裕で埋められてたんでしょうけど、第2世代miniへの布石だと穿った見方をしてしまう訳です

それでもiPad miniってのは従来のiPadというデバイスとは違うデバイスなんだというのは
Nexus 7で7インチタブを使ってみて、10インチと7インチでこうも違ってくるモノなんだと実感

多分、Ratineの第4世代も使ってみたら、ヤバい事になるんじゃないかと…

タラレバ回避でamazonは絶妙のタイミングで日本市場に殴り込みをかけた訳ですが
GoogleみたいにCEOがKindle Paperwhite発売日とかに来日するんでしょうか?

結構な気合いが入ってたんじゃないかなぁと

Kindle Paperwhiteは半ば決め撃ちで心に決めてたから脊髄反射しただけです

Wi-Fiモデルしか出さないと思ってたし、ひょっとすると欧米でも品薄になってるんで
日本じゃ最初からは出さないかも知れないなぁとさえ想像してましたんで
3Gモデルにするのに3秒かかった訳です…

Kindle端末の日本版リリースって事は即ち電子書籍ストア開設って事ですから
やっぱりキモはストアのオープンだった訳で、別に専用端末じゃなくてもiPhoneでもiPadでも
Kindleアプリがあれば読めるんだろうなぁと

それでもKindle Paperwhiteに飛びついたのは間違いなく読みやすいだろうから、です

それと、初代Kindleから、そのタフネスバッテリーが魅力的でした

じゃあ、Nexus 7の前にFire HDとか、前世代のAndroid搭載Kindleが日本で発売されてたら?

電子書籍専用リーダーの拡張版でしかなかったので買ってなかったでしょう、多分

欲しかったのは従来の10インチタブでは大きすぎ・重すぎを解消してくれるであろう7インチタブで、実は、5インチとかが先に出てたら、それはそれで買ってたかも知れませんし、今でもキャリアなしのWi-Fiモデルが出たのなら買い足したいくらいだったりします

10インチタブと7インチタブは別物で、AndroidかiOSかっていう以前の話じゃないかと

それでも操作性とか汎用性とかでAndroidかiOSかっていうのは、どっちがいいのかっていう話になりますけど、一番鉄板だったはずなのはWindows7がタブレットでiPad並の価格で出てれば余裕で席巻出来たんじゃないかと

まぁタブレットそのものが、はじめにiPadありきっていう市場だし、笑い話にもならない架空を通り越した話なんですが、それを真に受けてというか、覇権回復に出たのにずっこけたのがMSであり、サードパーティのPCハードメーカーだったんじゃないかと…閑話休題、脱線

今のところ、やっと本家大元謹製タブを打ち出して、バージョンも落ち着きつつあるAndroidですけど、2.×らへんまでは酷かったのも事実だし、そういう意味でも細やかな配慮が感じられるiOSの方がシェアが物語っているように間違いないんでしょう

※よくAndroidの方が円グラフでシェアを大幅に取ってるのを見ますけど、あれって錯覚?iOSは一社単独でしか売ってない端末な訳で、複数社のしかも色々なバージョンが氾濫してる累計でのAndroid端末のシェア比って、おかしな比べ方じゃないかなぁと。そういう意味で、Appleが示したトラフィックのシェア率グラフは正確なんじゃないかと思う訳です

タラレバならiPad miniが先行してたら、早いもん勝ちだったって事だし
Kindleは決め撃ちだったので、Paperwhite待ちだったって事です

実は、一番欲しいというか、出たら良いなぁと思ってるのは、チャイで開発中だというE Inkディスプレイの端末で、Kindle並のタフネスバッテリーで使えるのが魅力
別にiOSだろうがAndroidだろうが、まぁまぁ普及している(定番アプリが揃ってる)のであれば、どっちでも構わないので、それこそ、国産メーカーが逆パクリで出してくれないかなぁと

Chrome Bookも注目してる訳で、Linux勢にハードの供給は無理があると思われるんで
なんなら、今現在ならばChrome OS搭載タブでモノクロモデルってのでもいいんですけどね

貧乏人にも地球にも優しい省エネ・ローコスト・ロープライス・ローランニングコストオペレーションモデルとかってので…拡張するのとアクセサリーで本体より高く付いちゃったりして…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。