投げ売りとHack待ちだけどKOBO miniは欲しいかもと思った件

投げ売りとHack待ちだけどKOBO miniは欲しいかもと思った件Shift++β

kobo_mini

楽天が新電子ブックリーダー「kobo glo」と「kobo mini」の発表記者会見をネット生中継→終了: Gigazine

ずっと下の方に◆質疑応答があって、それが面白かった

懲りてないというか、既に新型リリースされてたし、既定路線だったんだろうけど
誤算というか、甘いというか、ずさんだったというか…で、軽くツッコミ受けてたけど
華麗にスルーしてた…

既存のTouchも同価格に値下げしての¥6,800で上位機種GLO は¥7,980らしい

スペック的にはKindle Paperwhite との差でmicroSDカードスロット持ってる事
が、3G版との価格差ほどのメリットではないかも…

EPUB吸えれば、インストは楽そうではあるんだけど…

デバイスとしては、より小型化されたリーダーというのはいいと思うんだけど
肝心のストアがトホホだし、またムチャしそうだし、前科持ちだし
普通に誰もがスルーするんじゃないかと思われ…

HackというのはKindleの方のHack待ちだったりして…
てか普通に自炊リーダーとしてでもいいかなぁとは思うんだが

kobo glo 予約受付11/15から順次発送予定

欧米みたいに対amazon構造になり得ないところが妙というか
B&Nとかって、ちゃんとに戦略立ててるし、両方あってもいいぢゃん的なノリもありので
日本の場合、電子書籍市場と出版社との対立構造があるだけで、言い尽くされてきた事なんだろうけど、欧米の出版社や書店とは違うってのが、そもそもの黒船的見方なんだなと

スタート早くしてっていうミッキーの戦略?だったのかも知れないけど

まぁ、スタッフというか、事業としても準備不足というか、ムチャぶりだったわけで

後追いだったのが、いつの間にか、案の定先頭に立ってる風のamazonの用意周到たるや、アメリカでの実績をそのまま日本に持ってきて、実現出来てないのはストアのコンテンツ数くらいのもので、それも囲い込みし始めてるし(電子書籍化望むクリックは脅威だと思う)

それこそ万人総作家化で、KDPより好条件で電子書籍デビューでベストセラーってのくらい、やらなきゃ、キラーなしで、またまた逃げ出しそうな気が…

amazon対の第2勢力にはなり得ないだろうし、売れるとは到底思えないんだけど
何故、今、このタイミングで?と…

楽天市場の物販サービスとか出店してるショップへの対応とか、そっちの方が早急に手を打つべき事なんじゃないのかなぁと…
多分、Kindleもminiは何れは出すだろうし、ドイツのminiリーダー紀伊國屋書店提携してくれないかなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。