配信再開されてたんでポチって、ついでにポチって…本体着く前に読み切っちゃうんですが

配信再開されてたんでポチって、ついでにポチって…本体着く前に読み切っちゃうんですがShift++βscreenshot_03  Gene Mapper Kindle本期間限定¥300らしい

iPhoneで書き上げたっていう、文字通りの電子書籍そのもの、しかもSFだし…

KDP日本版スタート前から本国版でリリースもしてたって。
結局、Kindleストア開店前はブログ経由の直販が一番売り上げよかったらしいんだけど
ここへきて、ちょい爆発ってるんじゃないかなと…

ちょっと前まで配信不可だったんだけど…何かあったのだろうか?

やっぱりオーサリングというかEPUB化ってのが一番の難問だったらしい

一番手っ取り早そうなのが一太郎2012試用版にテキスト流し込んでってのなんだけど
ごりごりっとHTMLというかCSS弄ったりするってのは、急がば回れっていう教訓

本職はCGデザイナーさんだそうで、表紙も勿論オリジナルで、っぽさ醸し出しててGood!

screenshot_04 機動警察パトレイバー番外編 運用マニュアル12章

電子書籍限定らしい…¥150だし…一応、マンガも抑えで…
ホントは「鉄腕バーディ」全巻大人買いってのも考えたんだけど…evolutionとかってのも出てて
全30巻超えてるし…無理っ

screenshot_05 電子書籍を無名でも100万部売る方法

翻訳なんで、KDP日本版のノウハウとかではなく、サンデーライター養成本ってところか

要するにセルフ・パブリッシングで儲け出そうとか、沢山売りたいっていうのには
色々とノウハウが要るって事なんだけど…

ありがちなマーケティングの話っぽいんだけど、一応、抑えて

その内、きっちりKDP日本語版対応ノウハウ本とかも出てくるであろうし
使えるEPUB3エディタとかオーサリングソフトも出てくるんだろうなぁと

てか、普通にホムペで小説公開してた人がドドーンと出しても良さそうなモノなんだけど
そこらへんのマーケティングというか書評マーケみたいのがないと厳しいんだろうか?と

ラノベは、ちょっと…なんで、Kindle本限定じゃなくてもいいってのは同じで
普通に読める本、面白い本、思わず一気読みしちゃう本ってのが文字通りキラーコンテンツになる訳だし
既存の作家の本とかもだろうけど、アマチュアだったサンデーライターにも目を向けて
ストアの活性化も含めて、そういうマーケティングをAmazon主導でやってもいいのになぁと

Kindle Paperwhite 3G 11/20~22着予定変わらず…フライングは、今度ばかりはなさそうだけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。