Nドライブ ドライブレターは絶対N!

Nドライブ ドライブレターは絶対N!Shift++β

screenshot_06

エクスプローラーで見れる仮想フォルダのドライブ名はデフォでNに固定されてて

SDカードリーダーとかUSBハブ繋げてたり、仮想ドライブ繋げてたりしてると

当然、Nはドライブレターで使われてる訳で、起動時に、Nが使われてるからPを使うよ、みたいな

ダイアログがいちいち出てくる訳で…

アプリ側でドライブレターを設定できない…そりゃNドライブなんだからドライブレターのNは譲れんワナ

仕方がないので他のドライブレターを変えて、Nを空けておいてやるといいってだけ

USBハブとか仮想ドライブ、カードリーダーなどのドライブレターを使ってるドライブってば

媒体入ってなければ表示しないとかってデフォでなってる訳なんだけど

まぁ、一度はコンピュータの管理から記憶域管理でドライブレターなんてのは覗いておいた方がいい

SkyDrive・Google Drive・SugerSync・BOX.netらへんのデスクトップアプリというか

デスクトップ用同期フォルダ作るやつを試してみたんだけど

Webでのアップロードより簡単だったり、転送容量制限が緩くなったりでイイ事づくめっぽい?

基本、同期フォルダ作る系は、ファイル実体も持ってる訳でそれはそれで母艦(PC)なんだから

致し方ないというか、当たり前なんだけど、母艦で使っている分には転送元なだけで

あんまりメリットないかなぁという気になってしまう訳で…

最近だとiTunes MatchだとかAmazon Cloud Playerなんてのも出てきたり

iTunes Matchは有料だけど、益々MP3シリコンプレイヤー要らずになるんじゃね?と

iCloudにMP3置けてストリーミング再生出来たりするといいんだけど…無料スペースはないみたい

screenshot_13

Amazon Cloud Driveは、Cloud Playerと分離してしまって、米国じゃ一緒くたになってて

iTunes Matchみたいな使い方も出来てたらしいんだけど、ただのCloudストレージで

Cloud PlayerはAmazon MP3でポチった曲しか再生出来ないみたい…

無料
(2012.11.16時点)

App Store

posted with ポチレバ

Amazon Cloud Playerは、Android版アプリも出てたし、当然iOS版Amazon Cloud Playerも出てるんだけど

曲数勝負なんだろうけど、大丈夫かいなと…

Kindleみたいな完全囲い込み、垂直統合でコンテンツ売り戦略なんだけど、肝心のコンテンツが…

MP3ストリーミング再生クラウドとしてはGoogle Play Musicってのが本命らしいんだけど

裏技を使って日本未対応なのを使ってる人達に言わせると、だが…

ポチったMP3から母艦から転送したのから、何でもアリでアップロード出来て、端末にファイル要らずで

再生出来るらしい…そらぁ、便利なんだけど…

iTunes使ってて一番面倒だったのが、アルバム毎の再生はいいんだけど、プレイリスト作るのが一番面倒だった訳で、MP3毎フォルダにコピーして転送しても、元のアルバムに重複してリスティングされちゃったりで、面倒臭かった訳で…

てな事をゴニョゴニョとやってたら、ドライブレターの事を思い出しただけなのでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。