EeePCショックと呼ばさせてもらうと…

EeePCショックと呼ばさせてもらうと…Shift++βEeePCへの対抗馬続々、ThinkPadでおなじみのレノボも低価格ノートパソコンを発表か – GIGAZINE
4大メーカー(HP、Acer、Dell、レノボ)そろい踏みって事ですか…
まぁ世界第4位までのPCメーカーを並べただけなんですけど、ね。
デスクトップPCが頭打ちで、そのぶんノート型が順調に伸びているそうなので、その中の低価格帯ノート型を、手をこまねいてみているわけにはいかないって事でしょう。

日本ではSONYが怪しい試作機を出してただけみたいですけど、軽くOEMとかで出せないもんなんでしょうかねぇ。
やっぱりお国のサポートがあるかないかで全然違ってきますし。
国内サポートでも電話をすると外国の人が出てきて喋るというのもどうかとは思いますけど。

Dellは、お膝元の川崎なんですけどね。賛否両論というか、まぁ値段相応って事らしいです。
多摩川を渡った川向こうには横河HPがあったんですけど(かなり大昔)
Acerって、どこかがOEMで出してたような気がするんですけどね。黎明期。
レノボってIBMだったんだけど、もう面影ないし(ThinkPadはいいマシンだと思いますよ)

EeePCショックだったわけですけど、まだ見ぬAtom搭載の新低価格帯ノートPCですが、AMDもAtom対抗CPUを打ち出すとか、VIAがどこまで頑張りを見せれるかとか、Intel実はAtomがガンガン売れちゃうと困っちゃうとか…
ショック、パニック状態醒めやらずって感じのまま、茫然自失のまま、時間だけが過ぎていく…では、決してないって事をメーカーの方には自覚して欲しい訳です。

何だか言うだけ言ってみて、後からテキトーな言い訳とか、だんまり決め込んで、しれっとしてるような。
そんな悪習が普通になってるような気がするんですけどね。
MSとかアメリカ方式のビジネススタイルというかマーケット席巻方式というか、供給側ありき、みたいな姿勢ってのが、どうも納得できない訳なんですが。

普通になった、一般的家電並みになった?からこそ、ユーザーありき、お客様は神様ですスタイルというのを守って欲しいなぁと。
黎明期というか、しばらくは供給側、メーカー側、売手市場だったのが、ぼちぼち買手市場になっているわけで、自由競争の中で、低価格っていうブレイクをしたわけですけど、一定の価格帯内ならば、品質だったりサービスだったりという付加価値を求めるわけで、それが本体のプラスアルファ機能だったり、ユーザーサポートだったり、問題のないクォリティーだったりするっていうのは、作り手も買い手になることがあるわけですから、落ち着いて、よく考えれば判るような気がするんですけどね。

どうも、そこら辺が、技術というか、物を言わないモノだけが先行しちゃって、取り巻くソフトというか環境が追いついてないような気がしますね。
デジタル系は特に顕著だと思います。
モラルというか、日本的な感覚かも知れないんですけど、一般常識が通用しない世界になってきてるような…
前述のダビング10なんて最たる話で、権利者団体とメーカーの協議で、ユーザーはいないわけです。補償金?いいでしょ払いましょ、って言っても、ユーザーの意見は無視というか、ユーザー不在のまま仕組みだけが作られているっていう事なんですよね。
胡散臭そうな利権からみの話、としか聞こえてこないんで、もう諦めちゃって無視っていう感じなんですよねぇ。
ぶっちゃけちゃうと「ばっかじゃねぇの…」

今回のAtom搭載低価格帯ノートPCも、何だか、アナウンスだけは沢山あるんですけど、正式に発売日を表明しているのがウィルコムだけ(日本国内の話ですが)901も、台湾で買えたっていう話がちらっとあっただけで、ホントに実機があるんだろうか?と疑ってみたり。日本で売る気があるんだろうか?と。何ヶ月後なのか、何週間後なのか、そろそろ何日後なのか、っていうタイミングじゃないかと思うんですけどね。

ほぅら試作機だ、実機はその内出すけどさ、ひ・み・つ…
とかって言われても、ねぇ…
う~む、テキトーにでっち上げの画像を作ってAtom載せたノートだぜっ、と出しておくかのぅ、ってのを見せられても、ねぇ…そうとしか見えない訳です。何がどうなってるのか皆目検討がつかないわけですから。

Intelも、実は、何倍も作りやすく安上がりなAtomを出し渋ってる様相。
そりゃCore2Duoとかのマーケットを間違いなく浸食しますからねぇ。何分の一かの値段で、普通に使う分には遜色ないわけですから。
なので今はセカンドマシン向け、マニア向けって事で、供給を抑えてるっぽい?
ファーストPC、ダイニングPCとしてAtom小型PCが出まくると、困るっていう話ですわな。
vistaが地デジ対応をうたって(かねてから発表してましたけど)レコーダー、チューナーとしても使えるようになったわけで、いよいよ需要が望めちゃうわけです。
が、歩留まり悪すぎ、なのか、ガンガン出荷っていうのをしないってのは…
何でも楽勝で作れちゃうCPUって触れ込みだったんですけどね。コストも工程も。

そこへもってきて、対抗馬というのには、ちと貧弱かも知れないけど、ライバルメーカーがAtom対抗CPUなんてのを出した日にゃ、業界は「最悪のシナリオ」ってやつに戦々恐々としつつ、手を下さざるを得ないって所なんでしょうか。
だってユーザーが欲してるわけですから。
数売ることとか考えた方がいいと思うんですけどね。

どうもベンチだのゲーム描写だのっていうのに性能比較が落ち着いてるんですけど、一般消費者向けに、もっと判りやすい、使ってどうなの?っていうのに切り替えたりって、考え始めた方がいいと思いますけどね。
DurronからこっちC2Dも軽く使ったことありますし、今は、デュアルコアが普通ですけど、じゃぁ、Webブラウザ立ち上げたままエディタでブログの記事をコツコツ書くのに、2Ghz超のクロックのCPUが必要かというと、要りませんね。正直。まぁXP前提ではありますけど。
シングルプロセッサの2Ghz未満のクロックで十分だと思ってます。
動画を見ながらゲームをするなんていうのも考えにくいし、エンコード自体があんまり必要とされないような気がするし(DVDを落とすくらいなら又借りてくればいいと思うんで)

そういうニーズも潜在的に(もはや潜在的ではなく明らかに)あったからEeePCって売れたような気もしますし、Atom人気が高い気もします。
少なくとも、セカンドPC、ゆくゆくは常用PCとしてAtomみたいな低発熱省電力CPUは有用だと思っています。
ゲーマーでもない、ベンチ愛好家でもない、オーバークロックとかあんまり興味がない(やったことはありますけど、結局、何が変わったの?と思ったんで)体感速度の違い、発熱、消費電力、メンテナンスフリーかどうか、程度の興味しかないユーザーが、確かにいるって事です。
それは実は、今のAtomマザーを買おうとしている人たちの何倍何十倍もいるはずだっていう事だと思うんですけどね。
低価格帯ノートPCは言わずもがな、でしょう。
これでチューンアップとかしないで普通に使えるノートPCが出たら、そりゃ普通の人、企業が買うでしょ。
素直にWebブラウザが使えて、メーラーが使えて、ネット通販とかもできて、たまにワンセグとかでTVも見て、家では地デジなんかも見れて、できれば録画なんてこともできたら便利よねぇ、って、ひょっとしてWindowsじゃなくても出来たりするんで(何もしないで立ち上げたらっていう状態が望ましいとは思いますが)EeePCショックでLinux再浮上、席巻って事にもなりかねないんじゃないかと。
そしたら悠長にXPなんてやめてvistaにしてよ、なんて事も言えませんわな…
ワンセグユニット付きでセットアップした低価格帯ノートPCって、下手な携帯より安く出せるような気もするし…

ま、何よりハードの体制が整ったことを喜ぶべきなのか…果たして黎明期の混沌が又、再現されるのか、慌てないで静観って事に落ち着きそうですけどね。初代EeePC701ユーザーとしては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。