Gene Mapper 一番読みやすかったのはiPhone4Sだった件

Gene Mapper 一番読みやすかったのはiPhone4Sだった件Shift++βscreenshot_33 Gene Mapper (ジーン・マッパー)Kindle版のみ

Paperwhiteと比べても、iPhone4SのKindleアプリで読んだ方が読みやすいと感じた

そらぁ、iPad2とかNexus7と比べたら、画面が大きい分だけ、そっちの方が読みやすいんだけど

意外とPaperwhiteだと読みにくいというか、あの頁繰りのチラツキが読みにくいというか

作者はiPhoneで書いてたらしい(最終稿はMac?というかPCで色々な形式に出力)ので
ざっと軽く読み通すのにはiPhoneくらいで丁度良いのかもと思った

他の本はというと、mobiというか、AZW3というか、EPUB3というか
行間だとかフォントが変えられるのはいいんだけど、その分、緻密な「読みやすい」設定を施してないのかも?とか…

My KindleからだとAZW3を直でダウンロード出来るので、そいつをEPUB3に変換してやるとかで
他のリーダーでも読めるようになったりすると便利じゃないかと…

なので、amazonのクラウドにあるだけで実体ファイルは入手できないという訳ではなかった

が、まぁ、実質、AZW3から他の形式への変換はリバース?になるのでツールはないみたいなんだが、一旦、EPUBとかプレーンテキストに出来さえすれば何とでもなりそうな…

中身はZipで固めたファイル群らしいんだが…

特に頁めくりのアニメーションが好きというか、ではなく、白黒反転のチラツキがスムーズな読みやすさの邪魔をしているんじゃないかと

母艦ありきではあるんだけど、Send to Kindle(Chromeなどの拡張機能)で
別にストアで買いまくらなくても、いつも見ているブログやニュースの類なら、一発で転送出来たりするので、コレは便利かな、と

EverNoteあたりと連携して、自動でDLしてくれたりするといいんだけど…

RSS配信、EverNoteで片っ端から受信して、丸ごとKindleのパーソナル・ドキュメントへ投げちゃうとか

RSS配信の自動受信、Kindle端末への自動配信ってのは、ややこしそうだし、無料ではないみたい

結論…Kindle本で読みたい本がないのであればPaperwhiteをポチって待つ必要はない
読みたい本があったとしても、iOSデバイスかAndroid持ってるのなら、それでも十分かと

一週間とか電源確保が出来るかどうかも判らないという旅に出る人
暇つぶしではなく、一時でも活字中毒症状に陥る人
食事の際に活字がないと駄目な人(コミックでもなんでもいいんだけど)
そういう人ならPaperwhiteはポチって来年まで待つか、店頭でサクッとゲットすべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。