SATAⅢポート増設ボード2枚目のレビューみたいな…

SATAⅢポート増設ボード2枚目のレビューみたいな…Shift++β

0106_0

前に差してみたSATAIII 2ポート増設ボードに加えて、2.5インチストレージ自作キット SATA3ポート増設ボードも差してみた訳なんだが…

PCI-Expressに差して、電源オンでBIOS認識まで行けます

SATAIII 2ポート増設ボードより簡単増設、ポン付けで直ぐに使い出せますかね
Win7ではドライバも不要で、いきなりBIOS認識、Winブート後も普通にフォーマットとか出来ちゃいました

おまけクローン・ディスクソフトはダウンロードで、ボードとネジだけしか入ってません
※ブリスターパックってやつで、嫌いなパターンだったんですが、納得の簡易包装って事で

2.5インチドライブ増設する関係上か?ロープロファイルブランケット付いてないんですけど
マウンタには付いてたりするんで、ロープロファイルブランケット単品ポチって交換すれば
小型ケースでも挿せそうな気がしますが…

結論からすると、SSDを複数台載せてマルチブートとかをするにしても
Intel系マザーでもSATAⅢポートは最低2つ付いてるんで、データ用ストレージのHDDは素直に
SATAⅡポートでもいいのかな、と…

オンボードGPU使ってて、PCI-Expressが余ってて、ベンチ優先の自己満足なら別だけど…

グラボ差してて、PCI-Expressが1スロット余ってたとしても、わざわざポート増設する事はないかも知れないと

Apricorn PCI Expressストレージ自作キット SATA3 6Gb/s対応 Velocity Solo VEL-SOLO

2.5インチのドライブ1台載せられるボードでプラス1ポート増設出来る

ドライバ不要で、差して電源オンでBIOS認識出来たんで、普通にブート・ドライブにも出来る
※2ポート目接続の場合は判らないけど、多分、大丈夫じゃないかと…

エアリア JET Mini SATAIII 2ポート PCI express ×1(Gen2) Marvellチップ搭載 SD-PESA3-2Lだと
BIOSで認識出来なかった…予めインスト済みだったUbuntuは普通に起動は出来てたけど

一応は、ブート・ドライブ対応って事にはなってた

0106_3

リアスロット用 SSD/HDDマウンタを空いてるPCIスロットに差して、3台をドライブベイから避難しつつ
SATAⅢポートを6+1にして全部SATAⅢってのが今回の趣旨だったんだけど…

0106_1

ベンチ的にはSSDもHDDもマザーボードのポートだろうが増設ボードのポートだろうが
殆ど劣化することなく、一応はSATAⅢの6Gb/sってのは出てた風

なんだけど、システム情報ツール眺めてたら、PCI-Expressってばバススピード5Gb/sしか出ない規格なのね

なんで、SSD対応の増設ボードでも最高速5Gb/sって事になってたって訳かと

0106_2

まぁ、最速ってのが、どの程度かは別にしてもSATAⅢポート対応なら十分かなと

普通に500Mb/s出てるんで、そこから先は未知数ではあるけど
多分、体感的には余り変わらないような気がする…

因みにSamsungのSSD840ベーシックでもM4でも同じ程度だったし

SSDをベイから避難ってのは正解だったかも…

2.5インチドライブ載せられるボードとただの増設ボードの価格差からするとApricorn PCI Expressストレージ自作キット SATA3 6Gb/s対応 Velocity Solo VEL-SOLOだけでもいいのかな、と

ただ複数台のSSD(2.5インチHDDでも)乗っけてる人なら、PCIスロットって殆ど使い道ないんで
マウンタあるとベイを有効利用できるし、廃熱の心配も要らない?し
割かし便利かも知れないなぁと…

てか、SSD3台+HDD4台ってのがオカシイって話なんだが…素直にNASれよって(´Д` )
※新古NAS使ってるんですがねぇ…あんまし電源入れてなかったり…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。