GX200 LC-1の動画とか

GX200 LC-1の動画とかShift++β写真で見るリコー「GX200」~ デジカメWatch

同時発表の自動開閉式レンズキャップ「」は、レンズの繰り出しによって3つの羽が自動的に開くという、おもしろいアイデアの製品。レンズ繰り出し時のデザインは無骨なものになるが、非常に便利だ。

AE/AF追尾って、マクロでならGX100でも出来て、マクロモードのまま、普通に、普通の距離でも撮っちゃえば、同じ事が出来るって事で。
かなり頑張らないとボケボケ作品風ってのは厳しいけど(マクロなんでAF遅い)

電子水準器と1:1RAWくらいしかアドバンテージないよな、と、ちょっと高まりつつあるGX200買い増しを抑えてたりして ;-)

水準器って、結局、GR-D2でも、殆ど使ってなかったりして。
グリッド表示で十分かな、とも思うし、山だの海だのっていう風景を撮る時の水平垂直って、あんまり意味ないよなぁとか。
1:1の時なんて、対角で画角決めちゃったりって乱暴な撮り方してたりするんで
ワイドというか広角だから、そういう方が面白いんだもん

でもですねぇ、何にしても、なんであれ、ですよ
GX100もGX200も、実は、隠れヒット商品ではないかと。
GR DIGITALとかR8とかで迷ってたりするんであれば、素直にGX200のVF Kitに最低LC-1付けたのを勧めたいですね
出来ればワイコンなんかも揃えて欲しい。
デジイチとは違います。けど、用途が違う別のコンデジだとは思います。
しかもLC-1が出たおかげで、普通のコンデジみたいにも使えるし。

デジタル一眼レフとは用途の違うデジタルカメラでありながら、お気楽お手軽コンパクトデジタルカメラ、でもない
羊の皮を被った狼どころではなく虎ですな、トラ。ライオンでもいいけど。なんなら竜、ドラゴンとかでもいい

よっぽどの事がない限り、結局、殆どズーム(望遠)は使わずに広角系一本槍だったりするんですけど、それもこれも、ADJとかで色々なセッティングが簡単に出来るのと、簡単に出来る割に、絞りとかシャッタースピードとかWBなんてのが、結構シヴィアで、真っ白けで撮れたりするのが、逆に、楽しいというか、思い通りに撮れない思いがけない撮れ方をするのも面白いというか。
思い通りのイメージってのを作るっていう楽しみも出来たりして… ;-)

発色、画質は実は、*istDSなんてのは軽く一蹴してます、正直。
でも、あちらは古いけど小さいデジタル一眼レフな訳で、sigmaレンズなんてのを付けちゃうと、やっぱり立場が逆転するわけですが、大きさ、軽さ、手軽さっていうアドバンテージは、永遠にGX100の方が勝っているわけで、結局、総合的には、交換レンズとかにのめり込まない限り、三脚だのを使って撮ったら、実は、そこらへんのデジタル一眼レフを凌駕しているんではないか、と、思ってるわけです。

追い込み(絞りだのWBだの何だのっていうセッティング)は、大変なんですけどね。結構。
GR DIGITALよりも、やっぱり、多機能っていうのではなく、用途の違うコンデジではないコンデジとして、(GX200は尚更)を推したいかな、と


【★SDカード2GB&液晶保護フィルムセット!】
RICOH GX200 VF KIT(VF-1同梱)
【送料無料&代引手数料無料!】
【7/4発売予約販売】¥79,800


リコー 自動開閉式レンズキャップ LC-1《7月4日登場》
価格 1,360円 (税込 1,428 円) 送料別

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。