REX-WIFISD1 Blackモデル予約してみた件

REX-WIFISD1 Blackモデル予約してみた件Shift++β

REX-WIFISD1 Black

と比べてみて
・外付けバッテリーとして使える
・SDカードのフォーマット縛りはなし
・USB接続でメモリ、HDDも繋げられる(バスパワー限定)
・カタログスペック上で駆動時間が2時間長い(7<9時間) 

×デカい、重い(AirStash比)
×専用アプリ以外でもアクセスは出来るらしいんだが、やや遅いらしい?

で、Blackモデルが出るというので、思わず脊髄反射でポチってしまった…
直販サイトで予約…amazonでもショップ経由で予約は出来たんだけど(6/13発売予定)
直販の方が間違いなく速そうだし、おまけもついてくるらしいし(SDカード8GB)

まぁ、一番はバッテリー駆動時間と外付けバッテリーとしても使えるということ
二番目というか平行一番で、SDXCカードでもフォーマット縛りないってこと
フルHDの動画を飛ばしてまで観るというのが微妙ではあるんだけど
ファイルの大きさを気にしなくてもいいというのは便利かなぁと
カクカクになっちゃうんじゃ仕方ないけど…

AirStashはiPhone向けでWIFISD1てばiPad用みたいな使い分けが出来そうな?

発売当初からビビっと来てはいたんだけど…Blackモデルでやられたって事なだけだったり 

SDXC(64GB)に限らず、FAT縛りな訳で
スティック上の大きさと軽さにも関わらず7時間駆動で
マルチアクセスも出来るんで、お手軽に使えるのはAirStashではあるんだけど…

REX-WIFISD1の大きさと重さとのトレードオフで
プラス2時間駆動、USBメモリやHDDも繋げるってのはデカいかも
プラス、SDXCカードのフォーマット縛りもなくなってるってのがポイントだった

AirStashもファームのアップデートとかでFAT縛りから解放されても良さそうな気がするんだけど、ぢつわ、ハードの方の問題だったりするで、FAT縛り開放はなさそうって事で、諦めちゃったんだけど

まぁ720PクラスのHD動画もスルっと観れるし(エンコ時のファイルサイズ注意だけど)
SDXC64GBでもFATフォーマットしちゃえば、普通に使えるんで
お気楽お手軽に持ち歩けるのはAirStashなのかも知れない

ってか、動画を持ち出して観たいという訳ではなく
iPhone4S+iPad mini(WiFiモデル)で写真+ブログの下書きテキストをやりとりして
iPhone4Sからでも3Gでブログ投稿ってのが現実的になってきたかなぁと

まぁ、それだけならばAirStashで十分だったりするんだけど
そこでREX-WIFISD1は外付けバッテリーとしても使えるっていうのがあったりして

iPhone5の64GBモデルとか持ってる人は不要だし
32GBモデルとかでもLTEでクラウドストレージからダウンロードしてもいいし
ストリーミングでもフルHD動画くらいなら観れそうな気がするんで
iPadもセルラーモデル持ってたら、まぁ、要らないワナと…

Nexus7、iPad mini用ならREX-WIFISD1買いだと思う訳で
どちらも持ってたりするんで、やっぱり脊髄反射的にポチってしまった訳です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。