どうせならHaswellにしてもいいかもなぁと考え出した件

どうせならHaswellにしてもいいかもなぁと考え出した件Shift++β

IMG_4726

 

  • 動作周波数 : 3.10GHz
  • コア数 : 4 cores/8 Threads
  • キャッシュ : 8M
  • ソケット形状 : LGA1150
  • グラフィック機能 : Intel HD Graphics 4600
  • TDP : 65W
  • ファン : 付属
  • プロセッサ名 : Core i7 4770S

無印4770でもいいんだけど、OCもしないし、どちらかというと低電圧・安定志向なので
やっぱりTDP65Wってのが魅力かなぁと
無印の84Wとかでも十分低電圧っぽいんだけど、って、低電圧化するまでもないし
Turboモードって何?みたいな…

統合GPUの4600期待って事なんだけど
結構、アチチになるらしい?

んでも、SandyBridgeのHD200だの3000だのに比べても倍程違うらしいし…
やっと実用的なオンボードGPUになったのかもなぁと

・SATAⅢポート×8、USB3.0ポート(Out×2、I/O×2)付いてる
・最近のASRockは変態から鉄板指向になってるらしい

マザーは好みのメーカーかどうかっていう程度で、GIGABYTEもAsusも初期不良掴んだ事あったし
変態の頃のASRockは強いて言うと安パイかもなぁという程度な訳で
チップセットのアップグレードでSATAⅢポートも8つが普通になってきたし
USB3.0も当たり前状態なんで、ホントはメモリもグレードアップさせた方が良いのかも?とか

なんだかんだで2年おき位に2枚も3枚もマザーを買ってたりする訳で…ただの物欲、積ん読、衝動ポチリ病なだけかも

出たばかりの新型、バックプレートねじ止め式に変更したらしい
ケースに収まりさえすればトップフロー最強?
チップセットもメモリも軽く冷やしたいトップフロー派としてはチェックって事で

AMDが唯一勝ってるのは、CPUクーラーの取り付けが圧倒的に簡単な事

Intelは未だにプッシュピン式で、まぁHaswellになって標準クーラーも小さく静かになったらしいんだが
にしてもSocket替えるくらいならプッシュピンも替えろよと…

バックパネルにねじ止めってのが精神安定上ベスト

グリスに凝ったり、水冷にしてみたりも、軽く試してみたんだけど
トップフロー空冷でバックパネルねじ止めがベストだと、個人的には信じてる訳で

ファン付きのを差してるんだけど、静音化ならばオンボードのGPU使うか、ファンレスなカード差すかって
鉄板のHD6450って、Intel HD Graphic 3000らへんとだと微妙なポジションになってるらしい
チップセットの発熱と劣化を抑えるべくグラフィックカード差してたけど…

何故か、既に入手済み…後付けで調べたら、ちゃんとにHaswell対応になってた
ベストセラーは750Wモデルで、600Wモデルになるとガクッと安かったんで…
静音性重視、でも80Plusは付いてた方が安心だよな、って事で
プラグインは便利なので、フルプラグインだし

メモリも円高激安の前に買ったDDR3-1033だったりする訳なんだが
DDR3-1600って微妙なアップグレードだし、性能差は体感できない程度らしいし
オンボードグラフィックでメモリ取られたとして、帯域的にも微妙だし
どうせなら倍程速いの積まないと判らないんじゃないかと

無駄に32GBも積んじゃってるし…

PhotoShopをするでもなし、3Dゲームばりばりやるでもなし、なのに…

んでも、とにかくTDP84W(Sモデルだと65W!一昔前のAMDの省電力モデルと同じ!)で
オンボードグラフィックが安々グラボよりも性能いいらしいってのが、Haswell見直しのきっかけってか
静音スパイラル→オンボードグラフィック→どうせなら最新のローエンドグラボ並のオンボードGPU
でHaswell見直し…コスパは最悪、マザーから全換装してまでもっていう程の事でもないだけど

iPhone4Sから5に買換えみたいな…同じかもなぁ
換装してみないと判らないって話だったりするところが微妙な話でもあるかなぁと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。