EeePC 904って何?

904って何?Shift++βEee PCに筐体サイズ大・画面サイズ小の先祖返りモデル 904, 905? – Engadget Japanese

DigiTimesによれば904 / 905は8.9インチ画面の900 / 901と同等の価格帯で登場する予定。また不吉なことに、Asusはいずれ900 / 901の販売を終了して904, 905に置き換えることを検討中ともされています。おなじ価格・画面サイズでキーボードが大きくて打ちやすい!が売りになる市場は理解できるものの、持ち歩きやすいサイズに魅力を感じていた層にとってはなにやら困ったお話です。

意味不明…8.9インチ画面で10インチ画面だったEeePC1000ボディって…

ソースはヒット率が割と高いらしい「台湾DigiTimesが業界筋の情報として」だそうだ

一応901は出すらしいからマヂでこれに置き換えって事になったら、ヤバいだろうな、と
日本支社とか、そういうところなかったっけか?Asusって
900を出さなかったってのも良かったのか悪かったのか?701は安売りになってるから、併売とかって言ってたけど、結局、8.9インチ画面版に置き換え必至なんだろうから、同じように901を出しておいて、ドーンと売っておいて、置き換えとかしちゃうんだろうか?


しかし、何でまた、と勘ぐってみる
というか、全然、訳が判らない話なんだけど…
ちょっとは筐体が大きい方が楽ちんなんだろうか、生産。とか… :-?

キーボードの打ちやすさっていうのが唯一の理由らしいんだが。
まぁ、確かにお世辞にも701の小ささだし、キーボードは打ちやすくはなかったけど、ブラインドタッチが出来ないほどの小ささではなかったし、大きくなるって事は、それだけ少しは重くなるって事でもあるんで、ちょっと後退?

大きさ、重さってのもmini-Noteの重要なファクターであると思われ。
最大でもB5サイズが限界だと思うし、最高でも2kgは切ってないと(例え6セルバッテリーでも、だ)やはり厳しいと思われ。
それで何か(キーボードの大きさとか)を犠牲にするのであれば、それはそれで致し方のないことではないかと。

既にA5サイズという小さなPCも一度ならず市場に出ていて、それが理由で売れないという事でもないわけで、今までのA5サイズレベルの小型PCは、もどきのPCで、まともな大きさの画面でもなければ、まともなOSが普通に動くものでもなかった。
それがEeePC701で、れっきとしたノートPCで、普通(でもないけど)にWindowsが動き、手軽に持ち歩きが出来るほどの大きさと重さだった。
いきなりB5サイズとかだったら、やっぱり、多少は売れ行きも違っていたのではないかとさえ思ってしまう。

そりゃまぁ画面の大きさというか変態チックな縦サイズは、アレだったんだけど。
にしても、低価格であったのが一番で、次に大きさとか重さとかのボディそのもの、ハードそのものでもあったんじゃないかと。
ギリギリ、チープに見えるかどうか?っていう線でもあったように思う。
半端なスペックが、逆にヲタク達を燃えたぎらせたわけでもあるんだけど。

今度は、一般的な、普通の人たちも相手にするという事を踏まえてのデザイン路線だったりブランド戦略だった筈なんだけど。
Atom搭載のライバル達と一線を引きたかったのかどうかは与り知らぬ所ではあるけど、どんなもんなんだろうか

さっと売って、さっと次を出して、というのではなく、じわっといって欲しいもんなんだが。
Acerあたりが何とか店頭販売までこぎつけて、夏の真っ盛りか秋口あたりにDell登場で、冬ボー向けには新Atom搭載のリリースなんてのを期待したかったんだけど。

そうそう、取りあえず、さっさと901と1000を出せばいいのにって話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。