チップセットをいたわってたつもりでグラボ差してた件

チップセットをいたわってたつもりでグラボ差してた件Shift++β

screenshot_45

GT610-SL-1GD3-L ソフマップ ¥3,890

衝動ポチリしちゃったんだけど、よくよく考えたら、オンボード・グラフィックでもいいんぢゃね?と

久々のnVida、しかも、これから夏本番だというのに危ないファンレスだし…

メモリを何だか取られるのと、専用メモリの方が間違いなく速い筈?てのと
マザーボードのチップセットというか、自体をいたわるつもりで敢えて安々でもいいから
グラボ差してたんだけど、電気も食ってるし、スロット経由でもチップセットは使ってる訳で
微妙な気がしてきた…

一応、PCショップの店員さんもオンボードを使うよりグラボ差してた方がいいって言ってたんだけど

普通にSATAコントローラーとか熱くなってるし、ヒートシンクの放熱だけでは微妙なんで
水冷も止めた訳で(トップフロー最強説)GPU統合CPUならば、CPUが熱くなるはずな訳で
とすると、Turboモードとかにはならないんだけど、常に通電してるCPU+チップセットをいたわってはいない?

都市伝説だったのか、と…なんでCPU・GPU統合プロセッサてば省電力化指向なんだろうか、と

Haswellなんて更なる省電力化しちゃってるし
そんでも一応、性能はちょびっとだけでもアップさせてるし

トレンドは完全にエコだけど、反比例するはずのパフォーマンス維持みたいな…

メモリ512Mのファン付HD6450差してるんだけど
ファンレスなら、こちらが鉄板らしい…デュアル差しとかならいいのかもなぁ

  • 動作周波数 : 3.10GHz
  • コア数 : 4 cores/8 Threads
  • キャッシュ : 8M
  • ソケット形状 : LGA1150
  • グラフィック機能 : HD Graphics 4600
  • TDP : 65W
  • ファン : 付属
  • プロセッサ名 : Core i7 4770S

HD2000とからへんだと微妙だったスペックはHaswellで、やっと二世代前くらいのAMDらへんになった?

ローエンドでも安々グラボよりかはマシになったみたいだし、何よりエコというか、静音・省エネって事らしい
3Dゲーム?何それ?っていうほど、ゲームはやらない人なので
普通にブルーレイが見れて、エンコが速ければ尚いいっていう程度なら、SandyBridgeとかでも十分らしいんだが
Haswellでジワッと性能アップしてるらしいんだけど、ホントにジワッとで、ちょびっと程度なのが微妙

まぁTDP95W(SandyBridgeのi7-2600K)からSモデルでTDP65W、Kでも84Wって
結構な省電力化しつつも、微々たるモノでも性能アップっていう反比例するはずの公式を覆してるせいで
馬鹿高いのかもなぁと…

i5の4コア/4スレッドでも良いような気もするけど、どうせならっていう程度の8スレッドだったり…

で、そんなCPU・GPU必要なのか?っていうとSandyBridgeでも持てあまし気味なのに
TDP65WでもHD4600で8スレッド!ってのに惹かれてるだけな…
静音スパイラルのせいってことにしておこうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。