ESCAPE R3 買ってみたりして

買ってみたりしてShift++β
ESCAPE R3 Silver tone ¥49,800

¥41,980+500(防犯登録)で、まんまの手つかず弄らずで購入。
買ったショップ、車体は揃ってるけど、パーツとか殆どなにもない状態で、ハンドルバーの切り詰めをお願いしつつ、バーエンドバーなんかが置いてあったら、装着まで頼もうかと思ってたんだけど、鍵とライトくらいしか置いてなかった…

バーエンドバーは実は、オーダー済みだったんで、こりゃパイプカッター買ってきて、自分でバンバンするしかないなぁ…と。
どうせ防水スプレーも欲しかったし(SP-731に吹いておきたいんだった)

Bruno minivelo 20″ Roard にはセンタースタンドが付かなく(開いてる穴が上下ではなく横だったりするんで、サイドスタンドしか付かない模様)R3も加工が必要だとか…
純正のスタンドとも思ったけど、センタースタンドでシンプルにまとめてみたかったので、ちょっと買ってみようかと思っている。

ハンドルバーも多分、広すぎると思われるので、バーエンドバーを装着して、ギリギリまで短くしておきたいかな、と。
何故かってぇとminiveloと同じ感覚にしておきたいというか、予想外に400mmのブルホーンバーの広さがフィットした感じだったから。
でもストレートバーだと元が580mmだかだとしてもバーエンドバー分を差し引いて、ゴニョゴニョって、取りあえず3cmくらいずつのカットで様子見かな…
多摩サイ完全制覇120kmコースとかを、買ったまんま走ってみるつもりではいるけど。

後は、基本、弄らないつもり。
ブルホーンバー化ってのは、いの一番に考えたんだけど、それこそ、もう1台買えちゃうくらいのお金がかかるようだ。
シフト、ギア絡み全取っ替えになるみたい。
場合によってはブレーキも、厳しいらしい。
フレーム残しの、ほぼ全換装みたいなのにしちゃってる人もいたりして。

一応、入門バイクって事になってるけど、結構なポテンシャルを持っているようだ。
基本、Road回帰というか、Road移行の一歩手前という話が多い。
最近では、街乗り、通勤に手放せないから、やっぱりCrossbikeでもいいやっていう人も増えてきてるみたい。

何が何でもRoadでもあるまいし、と思いつつ。
そんなにRoadの方が走りやすかったりするのかなぁ?と疑問…
ドロップハンドルってのが合わなかったのか、フィッティングが悪かったのか。
ハンドルを変えてから肩こりがピタリと治まった風なんで、アンチ・ドロハン派でいようかと。
なんで、ロードに乗るとしても、そこそこの太いタイヤで、ブルホーン化前提の限りなくCrossbikeに近い元がRoadなだけバイクっていう事になるかな、と。
やっぱりピンディングもヘルメットも、嫌だな、ってだけなんだけど。
カッコよくない、っていうだけってのは駄目なんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。