WordPress 2.6 日本語版をどうするか

WordPress 2.6 日本語版をどうするかShift++β一応、上書きアップロードしておいた

が、Upgradeの必要はないと蹴られた

分家(テストブログ)の方は、日本語版ではないまま
なんだけど、結局、ja.mo ってのがあるかないか、だけみたい

admin画面が英語だらけなだけで、ブログそのものは普通に日本語で表示されるし、使えているし、曜日は英語のままだし、慣れたら、別に日本語版じゃなくてもいいな、と
今さら、気がついたわけで

GearだかっていうGoogle謹製だかの「Turbo」リンクと、ブックマークレットってのが、強いていうと目新しい

ブックマークレットはScribeFireには適わないし
TurboリンクからGearをインストールしてみたけど、特に目立った動きは気がつかなかった
鈍いだけかも知れないんだけど

もう、どちらかというと、Wiki機能含みのブログもどき実態はCMSっていう感じの規模になってるような

テーマによるって所は大きいんだけど、blogとしては機能てんこ盛り過ぎっていう感じだし
CMSにするには、よほど初期設定というか設計をしっかり計画してないと、結構、面倒なことになるし
Wikiみたいな簡易編集も出来たりして、編集、アップロードなんかはとても便利になってきたと思うし

後は、完全ローカルなアップロード環境があると便利なんだけど。
Wordpress謹製というか、純正というか、専用のが欲しいかな。

ブラウザ経由ではなくスタンドアロンの、バリバリにWordpressのみ対応、みたいな

複数の記事の一気投稿っていうのが一番効果的なSEOではないかっていうのと
連続もの記事とかになりがちな、冗長な中身しか書けない人向けに、是非…

WindowsLiveWriterは最初絶賛してたんだけど、投稿するコードがベタで、後から編集する時大変
JustSystemのは、とにかく、大げさな割に、同じくコードがベタ過ぎ

結局、テキストエディタで書いておいたのを、画像をアップしながらっていう投稿になってしまう
ログインも簡単ではあるんだけど、なるべく放りっぱなしっていうのが理想。

ScribeFireもニュースソースありの記事を書く時なんかは重宝しているんだけど、連発でガンガン投稿っていうことになると、ちと弱いかも。
まぁ、ここらへんのがサクっとアプリケーションとしてローカルで記事書き環境になってくれると、めちゃめちゃ楽ちんになるような気がするんだけど

画像のアップが、ね
面倒なのは変わらないんだけど
ローカルホルダーからドラッグとか出来たりするようになるといいんだけど
出来たとしても、それはそれで厄介な環境という話でもあるんだろう、多分

もうちょい簡単にカスタマイズできそうな3ペインのテーマと、結局、PHPファイルまで編集することになってるんで、テーマエディタなんてのも編集前提で使えるようにして貰いたいかな、と
modだかなんだかの編集可能モードにするPHPの書き換え、書き加えって、面倒だし

書き換えや書き加えっていう編集が、普通に出来ちゃうっていう事は、それだけ自由度が高いって事でもあるんで、微妙な可不可っていうのをファイルによっては設定しないといけないから、それはそれで面倒なのかも知れないけど
結局、ブラウザを立ち上げておいて、エディタでPHPを編集して、アップして、ブラウザのリロードをして、っていうのが一番原始的だけど、一番効率よく、一番手っ取り早いカスタマイズ方法だって事なんだろう。

そぉんなアホな方法でやっつけているってのは、多分、もう殆どいないとは思うけど

ローカルでホストを作って何やかやってやる方がディスクも食うし、面倒だったんで
(というか一発ローカルホストっていうのが、ちゃちゃっと出来ないもんだろうか?)

なぁんて、全然、おおむね良好ではあるんだが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。