EeePC 901 2ドライブベスト説

2ドライブベスト説Shift++βPINUPS – 上田新聞 blog版: Eee PC 901-Xへ1.8インチHDDを搭載

レポートには「どのみち最初に本体をほぼ完全に分解する必要」とあり、CドライブのSSDを外す必要があるみたいで、前回のSSDよりもかなり面倒みたいです。また実際取り付けられるの5mm厚の1.8GB HDDで容量は30GBクラスになるようです。

書かれているとおり、換装するドライブの方が本体より高いっていう訳の判らない現象というか、妙なグレードアップ改造な訳です

32GのSSDを入れてみたっていうのもあるんですけど、ちょっと待て、間違いなく本体より高いだろ、それ!って話な訳で、そこまでしてストレージを増やしても、なぁ、と思っちゃうのが、日和見的なのかっ?と

だからといって、最初から80GとかのHDD積んでっていうのでも、ちょっと納得いかなかったかも知れない訳で、4+8Gの変態チックな搭載でもSSDにこだわったEeePC901だから価値があるんじゃないかと。

実際、別に80Gとか(実は32Gだの40Gだのでもよかったし)HDDが乗ってきたとしても、第一優先ポイントの6セルバッテリーがあれば、買ってたと思うんです。

あと2年も経つと、普通にSSDも32Gあたりが1万円あたりで買えるようになりそうな気もするし。
そうなってからでも大容量SSDっても遅くないだろうと。
諸々の周辺環境も激変してるかも知れませんが(Atomって何?みたいな)

ライバル機はのきなみ、普通にHDDモデルな訳で、そう考えると英断だったって事です。
変態4+8Gは永遠に不滅で変態構成だと思いますけど。

この、気を抜くと無限大になってしまうストレージの容量は、実は、ギリギリの省スペースでも大容量でもよくなく、ほどよくっていうのが難しいところではあるとは思うんですけど、変態ではあるけど、2ドライブ構成は、80GなりのHDD1ドライブ構成よりも使い出があるというか、使い勝手がいいというか。

テンポラリファイルを置いたり、データファイルを置くのに、ちと性能的に劣るドライブをセカンドドライブとして採用したっていうのも、苦肉の策だったんでしょうけど、結果オーライだと思うし。
マスタードライブの消耗というか、アクセス頻度を抑えるっていうのは、SSDに限らず、HDDだって同じ事で、OSのシステムドライブのリードとデータのリードが同時に(厳密には同時ではないけど)1ドライブから読み出されるのより、2ドライブ目からデータを読み出している方が、システム的にもハードウェア的にも効率がいいのは間違いないはずだし。

体感できるか?っていうと、まぁ、微妙ですけどね。

ただG越えの動画を見てるとディスクアクセスで、間違いなく効率的だとは思います。
デュアルプロセッサを使ってるんだから、ディスクとかもデュアルの方がいいに決まってるんだし

なんで、厳密には、というか、EeePC901とかなら、高速版8GのSSDと廉価版16GのSSDへのお手軽換装ってのが、実用的かな、とか
2ドライブ合わせて2万とかで、換装工賃5000円の合計2.5万円とかなら、考えてもいい…とか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。