ScribeFire

ScribeFireShift++βFireFoxのアドイン
Blogエディタ、別windowでも開けるんで、スタンドアロンのアプリみたいに使える

ちょっと前までスプリッタが妙なコードでダメ駄目だったんだけど、細かなバージョンアップを繰り返してて、何だか、一発投稿が出来るようになった
画像付きリンクとかを書き加える時以外は、ScribeFireだけでアップロードっていうのが、今のところの定番かな。

もっぱらエディタで、だーっと書いたのをWordpressのエディタにカット&ペーストして、表示を確認しつつ、カテゴリだのタグだのをチェックしつつ…っていうのが、更新手順だったんだけど。

ニュースからの引用とかでもFireFoxから右クリックで引用コピー&ペーストが出来ちゃうし、そのまま編集モードで書けるんで、便利。

自前の画像ファイルも、ScribeFireから記事に貼り付けた状態で一発アップできるし。
前に書いたエントリーを参照しながら、なんて事も出来る

タグの管理とかは出来ないけど、とにかくブログの更新、アップロードなら、これだけで一通りのことが出来ちゃうんで、連発(その1とかっていうやつ)投稿以外は、もっぱら、ScribeFireで投稿している次第

LiveWriterは、書いたモノをそのまま投稿して終わりならいいんだけど、後から、LiveWriterで書き加えたりの編集って事になると、妙なコードをはいてて、見苦しいというか何というか、なんで、使うのを止めてしまった。
JustSystemのも、アプリケーションとして使えるんだけど、思い通りのアップが出来ないし、とにかく、重いんで、これまた、ボツ
Wordpress専用のスタンドアロンのScribeFireみたいなブログエディタがあるといいんだけど

まぁ、プラットフォームを選ばない、何処ででも何にでもアドイン設定して使えちゃうっていう点で、Webブラウザのアドインでブログエディタっていうのは正解かも知れないんだけど。
スタンドアロンのアプリケーションだと、せいぜいがエディタと簡易管理メニュー程度で終わっちゃうけど、基本はWordpressの管理画面から色々ゴニョゴニョっていうのが真っ当な使い方だと思うし、投稿に特化してもいいと思う。

FireFoxのメニュー、アドインから探してインストールか、リンクからダウンロードしてインストールか。
一度、インストールしちゃえば、勝手にバンバン、バージョンアップしてくれる。
かなり頻繁にバージョンアップしている模様。
同じバージョンでFireFox2系も3系も対応。

正直、他のブラウザの方が見やすかったりしているし、3系は、ちょっと不具合というかブログのサイドバーガジェットが表示されなかったりしているんで、嫌なんだけど、これがあるお陰で、さくっと乗り換えられないでいる。
まぁ、他にもアドインが使いたいが為にFireFoxを使い続けているっていうのもあるんだけど

とにかく、かなりというか、非常に便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。