Bianch Ancora 多摩サイデビュウ

Bianch 多摩サイデビュウShift++β
登戸~Y’s往復の30km…

起きたら午後1時だったんで、そそくさと…
が、サドルの高さ調整とかもしてなかったんで、なんやかやで走り出しは午後2時

一番日差しが強くて暑いかと思いきや、風も吹いてて、気持ちいい

ちょっと重装備だし、革サドルのおろしたて木馬状態が不安だったけど
あ”、ヘルメットもおろしました
禁断のヘルメット、安々なんで、ちと重いかも
高いのは手に持っただけで軽いし
まぁ、キャップもあるし(一度洗濯しておきたいし)
オートバイのヘルメットはもっと重いし、日がな一日被ってたんだし大丈夫でしょうって事で


広角で後ろから撮るのがカッコいいと思う
フロントからなら、ちょいスマートに見えるように、ちょびっとだけ角度を変えて

泥よけとキャリア、極めつけのサドルバッグつけてるから
重装備っぽく見えるけど
重いのは重いけど、走り出すと、やっぱり軽いです

ハンドルの角度というか、ブレーキレバーのカバーの所の角度が気に入らなかったり
ハンドルがフラットになっていないというか
角の所を持ってても、ちょっと前傾気味になってしまうのが気に入らないというか
太さも細すぎるとういか
ハンドル交換したいけど、バーテープ巻く自信が今ひとつなかったり…


泥よけとキャリア取っ払って、サドルとバーテープ黒にしたら
微妙に今風なクラシックロードみたいに見えるかも
ぶっちゃけ、何でもブルホーンって想像しちゃうんだけど
Wレバーのブルホーンって、どうなんだろ?
STI化もレバー変えて、シフターのケーブル引っ張れば何とかなりそうな気もするけど

乗り味ですが
やっぱり700c×28cは、直進力ありますわ。
カンチブレーキは、こんなもんでしょう
Brunoで慣れてるんで、そんなにスピードも出さないし(AVG20km/h限界だって)
フロントキャリアがブレーキキャリパーで固定されているんで
ガクガクしてたけど…
正直、Vブレーキの効き過ぎより、このくらいのアマアマの方がタッチとして好きですかね
ロックするほどでもないし
シューとかを交換しちゃえば、もうちょい制動力出そうな気もする

重さは、担げば重いですけど、走り出しちゃえば殆ど感じませんでした
20インチと700cの如実な差ってのを痛感したわけですが
Brunoも、もうちょい細身のタイヤとかに交換するとかで走りが変わるような気もします
Brunoは、漕いでる、っていう感じで、Ancoraは軽く踏んでるっていう感じ
フロント、アウター、リアはアウターから1段軽く、から2段軽く位が丁度イイ感じ
Wレバーは、Brunoのガッチャンっていう入り方とはちと違って
割とスィーっと入ります
がちゃがちゃやってたら、ガッチャンっていう入り方もしたけど
やっぱりSTIじゃなくてもいいや、って
でもハンドルとブレーキレバーは変えてみたいかなぁ、とか

タイヤも32cとかに変えてみたいんだけど
あんまり劇的な変化はなさそうな気もする
シュワルベのマラソンをY’sで眺めてみたけど、太さって殆ど変わらないし
Lupoには32cはいてくるんだよなぁ、と

待てればLupoのハンドルと交換しつつ、タイヤも交換というか履き替えてみたいかな、と

なんちゃってクラシックロード化(泥よけとキャリア外すだけ)
Wレバーだけどブルホーン化とかも、やってみたいけどなぁ

などと考えながら、軽く流して、復路は強烈な向かい風だったけど
リア2段目から3段目で、軽く流してるつもりだけど、踏んで踏んで、帰ってきたのでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。