オーストリッチ フロントバッグ F-104

オーストリッチ F-104Shift++β
軽くオーストリッチ 帆布フロントバッグ F-104のインプレ

なんですが、これって結構、微妙
万人受けするモノでもないし、少なくとも、多摩サイを走るのには、どうかと思ってみたり

一応、泥よけ前後キャリア付きのランドナーもどき状態になってるんで
アリはアリかな、と
どうせなら、リアパニアバッグとかも付けちゃえば良かったかも、とか

STIレバーだと、技が必要でしょう
バナナっていうアウターワイヤーを曲げちゃうアダプタなんだけど
それを付けてたとしても、あんまりオススメしないかな、と

この上のクラスの大きい方だと、ハンドル幅420mmとかでも
ドロップハンドルバーの90°曲がってる角辺りを持つのがきついんじゃないかと

このバッグでも、少々、きついというか、意識しましたし

上体起こし、ストレート部分を持つのも、結構、面倒です
革ベルトでゆるゆる装着してたんですが
当然、指にはガンガンバッグが当たりますし

ただ、かなりモノは入れられます
フロントキャリアが付いてれば、何も考えずにガンガン入れられますかね

強いていうと前に、上蓋でまとめて閉じる大きいポケットが一つと
後ろに別々の上蓋が付いてる小さいポケットが二つありますが
ゴムコードで金属のツメに引っかけるという止め方のため
楽勝で、きちんと止められません
多摩サイ狛江の砂利道くらいなら中が飛び出したりはしませんけど
精神衛生上は好ましくないかも

底にも革ベルトで止めるようになってますが
フロントキャリアの形状によっては、固定できないです
横向きにも革ベルト通しがあればよかったんだけど
なんで、ハンドルバーに固定している革ベルト二本だけの装着
ガンガン、傾くというか、片一方にずれます
ショルダーベルトが付いてるんで(取り外せる)
そいつで固定しつつってのも試してみようかとは思ってますが
直ぐ取り出せるのが前提のフロントバッグなので
雨具だのマップだのは入れる事になると思われ
満杯になった時にずれると、かなり嫌かも

サドルバッグと同じような中閉じのベロみたいなのもゴム閉じだし
上位モデルも、ここは一緒だけど
上蓋の留め具は、ちゃんとした金属バックルだったんでサイズがいければ
そっちの方がいいかも

底と両脇に形を作るプラ板みたいなのを入れるポケットがインナーにあります
底は、敷くだけ
脇の方なんですが、ポケットが小さいというかギリなのか
プラ板が大きいのか、たわめないと入りませんでした

因みに、防水スプレーをたんまりかけてるんですが
このプラ板のアタリが白く付きます
厳密には専用の防水カバーもあるんで防水スプレーは要らないのかも知れないんですけど
汚れ防止にもなるんで…
まぁ、帆布の特性というか防水スプレーの特性上仕方のないことなんで
生地が傷んでの白いアタリではないので、濡れれば元に戻るはずだし…

で、ホンキのツーリングの時にしか付けない方がいいのかもなぁ…
というのが本音です
普段装着もいいようにと、小さめのを買ったつもりなんですけど
やっぱり、かなり本気モードに見えてしまうのと
日帰りというか、100km走でも、そこらをひとっ走りっていうのでも向かないような
ポンプ、携帯工具、スペアチューブくらいのもんなんで、素直に小さいサドルバッグでもいいかも

いざとなったらS-2 サドルバッグ装着なんですが
そうするとリアキャリアは最低取り外しになるわけで…ま、普段は要らないんですけどね

オーストリッチ 帆布フロントバッグ F-104 ¥5,628
NITTO M-12 スチールシルバーフロントキャリア¥4,620
アルミ軽量リアキャリア GIZA ユーロキャリア ¥3,213
KONNIX リアパニアバッグ46 ¥6,426

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。