EeePC 901 その後ニュース

その後ニュースShift++βレノボ初のNetbook IdeaPad S10 正式発表 – Engadget Japanese

共通の仕様は10.2インチ1024 x 600 LEDバックライトディスプレイ、 N270 (1.6GHz)、802.11b/g WiFiと有線LAN、Bluetooth、4 in 1カードスロット、ExpressCardスロット、USB 2.0ポート x2、マルチタッチ対応トラックパッドなど。サイズは厚さ28mm・重さ約1kg。バッテリーは3時間駆動の3セルまたは6時間の6セル。OSは Windows XPがプリインストールされます。

BTOしちゃうんだろうか?
そんなんだったら、無理矢理EeePC901英語キーボード版化は早計だったかも知れないと反省しつつ…
6セルバッテリーの英語キーボード版、果たして、お幾ら万円になるのか…
まだ発表だけだし

Eee PC 900Aの仕様判明、900筐体入り901廉価版 – Engadget Japanese

いわく、基本仕様は901とおなじAtom 1.6GHzに1GB RAM、ストレージは8GBまたは16GB SSD、ウェブカメラが30万画素、Bluetoothを省略、バッテリーが微妙に少ない4セル4400mAh、OSはLinuxなど。つまり8.9型1024 x 600クラスでありつつ、できるだけ切り詰めた廉価版といった位置づけのようです。

こんな話もありぃの…
でもバッテリーオプションで揃えられて、英語キーボード版だったりしたら、逆にお買い得かも知れないと

ハイエンドEee PC Sシリーズは9月登場、デュアルコアAtom・32GB SSD搭載 – Engadget Japanese

なかでも「Ultimate」に分類されるSシリーズ (S101, S91)はデュアルコアAtomプロセッサと32GB SSDを備え、10.1インチ16:9 LEDバックライトディスプレイを搭載したハイエンドモデルになるとのこと。(型番からすると10.1インチがS101, それより小さなモデルがS91と推測されます)。上位版のAtomプロセッサ搭載と大型化で気になるバッテリー駆動時間は「4 ~ 5時間」。

どちらかというと本命はこっちなんだけど…
バッテリー駆動時間が気になるかな、やっぱり
オフィシャルの4~5時間ってのは、実質2時間程度って、普通のお高いノートPC並ぢゃんっ

望むところは、多少、高くてもいいのはいいんだけど、基本スペックを頑張って踏襲して欲しいわけで
6セルバッテリーの実質6時間弱ってのは譲れない所だし
解像度とかが上がるのはいいんだけど、それで筐体のサイズが大きくなるってのもどうかと
デュアルコアAtomも、それでTDPが上がったりするのも、なぁ~…と考えてしまうわけで
素直に、901ベースのSSD一本化大容量化みたいなのでいいんじゃないかと

Dドライブ限定のSSDキットが売られてる(予約販売)わけだけど、ドライブレターを変えるというか、BIOSでCドライブに変えちゃうことで高速化容量アップが出来るはずではあるんだけど、それで2万円とかっていうのは、様子見
多分初代EeePC701の時のSSDの高速なのに慣れちゃうと、901は、ややもっさりしているってのは事実
Dドライブの遅々SSDのせいってのもあるんだろうけど…
CPUの性能は上がってるはずなのに、何故か、キビキビ感がなくなってる
そこらへんを解消すべくっていうことなんだけど、ちょっとリスク高すぎかなぁと思ってる次第

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。