Lenovoもいいけど…

Lenovoもいいけど…Shift++β


詳しいスペックは未発表だけど、なんでもパームレストやキーボードの発熱対策の工夫がされているそうな

アメリカで10月発売らしいんで、日本で買えるかどうかは不明?

BTOで英語キーボードとかが買えたりしたら、901無理矢理英語キーボード化は早計だったのかも?
しかも、軽く安いし…
強いていうとストレージがHDDなくらいで、メモリが増設できたり、HDDを換装出来たりしたら、これまた人気になりそうな感じ…

どうしたんだDell?っていうのもあるし、日本国内メーカーの参入っていうのも気になるんだけど、Asusは、確実にこの分野での競争激化を予想しているらしく、ガンガン新機種をリリースするみたいだし

Atom供給遅れかどうかは判らないけど、とにかく、出せば売り切れっていう感じで、低価格帯ノートPCは売れまくっているのは確か

やっぱり15~20万円くらいのノートPCを売っている訳なんだが、そこらへんの売れ具合ってどうなんだろう?
とか、ちょっと気になる
ゲーマーPCなんて、需要があるんだろうか?まぁ、需要がありそうだからリリースしたんだろうけど

5万円までとなると厳しいけど、5万円台なら、そこそこのスペックのデスクトップが組めて液晶ディスプレィもセットできちゃったりするんで、やっぱり高くても7万円までっていうのがパソコンの価格トレンドだと思うんで、特に4万円とかにこだわったりしなくていいと思うんだけど、低価格帯ノートPCといえども

レノボみたいに、発熱対策を施した筐体を開発するとか、そういう細かな差別化というか、気配りみたいなのって、価格以上に気になるというか、引きつける要因だと思うのは、低価格帯ノートPCに限らず、何でも同じだと思うし。
Atom搭載ではないけどHP2133が人気なのも、デザインだったりっていうんじゃないかと思うし
安いから、っていうだけじゃないってのに気づいて欲しいかな、と

にしても10万円未満どころか6万円台くらいが上限っていう縛りは必要だとは思うけど

EeePC1000とかが売り出される頃には、トレンドというか、そこらへんの趨勢がはっきりとはしてくるとは思うけど、素直にセカンドPCとしてのポジションでスペックを縛るか、1台目ファミリー意識で何でも詰め込み低価格帯実現路線がいいのか…

ま、バランスなんですけどね、結局。
そう考えると、10月まで待てない人にはEeePC901は、やっぱりベストかも知れないなぁ、と
あばたもえくぼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。