音が出ない事件の顛末

音が出ない事件の顛末Shift++βそういう訳で
実は、-SP128セットを買ってきてから
丸1日経ってたりする

何をしていたかというと、当然、ケースがないんで
机の上で組んでた訳なんだが

PowerOnとかのコネクタの位置を間違えてて
電源が入らなかったりして組み直してみたり
メモリを、きっちり差してなくて動かなかったり

まぁ、普通に、きちんと組めば
小さくても最小限のデバイスにしておけば
ATXサイズのマザーをミニタワーとかに組むより
机の上で組めちゃうんで、簡単だと思う

何度も自作ってきた慢心が生んだオオボケって事で

で、やっとこさOSのインストールまで、たどり着いて
これは予め作ってあったnLiteの軽量版、SP3適合済みでインストール
500Mを切ったサイズなんで、オリジナルに比べて、かなり速い
前は2時間くらいかかってたような気がするけど
軽量版に加えてインストール先がSSDって事もあるんだろう
1時間かからずインストール終了

次はドライバのインストール
MINIX-780G-SP128のシステムディスクは至ってシンプル
ドライバのインストールもチップセット、LANドライバ、サウンドドライバに分かれてて、親切に一発でまとめてインストールなんて事はない
チップセットがVGAドライバと統合されているので、結構、時間がかかる

この時点ではLANケーブルを挿していなかった
つまりは認証もしてないし、当然、updateもしてなかった

で、再起動
LANケーブルを挿して、認証…
と、音が出てないのに気がついた

コンパネで確認してもハードがないから駄目っていうし
デバイスドライバをみたら、例の?になってるし

ハードの追加から、で、ドライバ更新でも駄目だった

で、あれやこれやで一晩おいて

updateで何とかなるやも?なんてVistaみたいな対応を望みつつ
updateをかけるも、今度はSP3も入れろと言ってきて
一応入れてみるものの、インストールで躓き
なんだこりゃ!?状態だったわけだ

ひょっとして…と気がついた
SP2対応のままでSP3にはインストールできない奴か
はたまたSP3適合済みのインストールがまずかったのか

nLiteやらCD焼きソフトを拾ってきて
SP2のまま軽量版を作って
再インストールしてみることにした

そそくさとドライバをインストール
再起動…
無事、[tegaki]音が出た[tegaki]

それからSP3をUSBメモリから充てつつ
認証しつつ、ごにょごにょと…

つまりは
WindowsXP SP2インストール→ドライバのインストール→SP3適合→update
っていう感じの順番で、無事成功って事

まぁBIOSもシンプルというか分かりにくいというか
UMPC並の簡単さ加減なんだけど、一応、オーバークロックの項目があったりして
オンボード音源の項目だけ別になってたりして
まぁ往生しました

GIGABYTEのマイクロATXマザーも780Gチップセットなんだけど
SP3適合インストールからドライバインストールで普通に問題なかったのに

やっぱり小さいから?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。