SSTーPT09Bで完成…かも知れない

SSTーPT09Bで完成…かも知れないShift++β素組mini-780g-sp128
いわゆる仮組状態で、まだ小さいには小さいけど
ちょっとごちゃごちゃしそうな感じ
SATAコネクタとか入れにくいかな?と思ってたけど
思ったより、すんなりと入った

裸んボ状態だとファンレス運用できそうな感じで冷え冷え
CPUおまけファンは半速くらいかな?
BIOSセッティングのみ…後にSpeedfanで自動化運用に

可動部が正味でCPUファンのみっていう静音仕様
一応、12cmファン化を目論んでいたんだけど
8cm→12cmっていうのは厳しそうな感じ
7cm→12cmがギリっていう感じかも
それでも、ちょっと工夫が必要かも(逆にエアインテークの高さを上げる感じ)

一番いいのはケースの天板に12cmをくっつけてマザー全体に
吹きつけっていうのが冷えそうな気がする
1000回転だとヤバかったんで
調整可能前提の1500回転以上くらいのが付けられるといいんじゃないかと
ちょい拡大のケースレスMINIX-780G-SP128
フロントパネル使えない事件は、単純にケース側のコネクタが外れていたから
だとか…

microATXの感覚で、ちゃっちゃっと組んじゃえば…というのは
大きな間違いだった、と反省

スイッチLEDが点かない(ケース側のコネクタは3ピン、マザー側は2ピンしかない)
HDD LEDの意味がない(SSDなんで余り意味がない)
データ用ストレージとして最低でも外付けHDDとかが必要、とか
まぁ色々と制約はあるのもの

実質、可動部がファンのみっていう静音仕様に出来るのと
とにかくコンパクトに組めるっていうこと
Atomマザーでもいいんだけど
所詮はセカンドマシンどまりだけど
これだとストレージがクリア出来れば(大容量NASを導入すればいいわけだ)
希望通りの「小さな巨人」が出来ちゃう

難をいえば、やっぱり高いって事かも
安いのを買ってくればmicroATXのほぼ同じ仕様のマザーは
普通に1万円を切って買えるし
メモリもデスクトップ用の方が選択肢が広がるし
何より激安バルクメモリっていうのでも動いちゃったりするんだろうし
CPUもeシリーズのTDP45Wとかにこだわる必要もないし
安くあげるのであれば素直にmicroATXマザーで組むのがベターでしょう

ただホントのデスクトップ(机上)っていうのを
mini-ITXっていう小型化(省スペースって事でエコ?)で実現させて
机上に置いても静かな、それでいて、きっちり省エネ(省電力ね)
っていうのが望みだと
ここらへんがイチオシかも知れない

Vistaは無問題でしょう、入れないけど
多分、Windows7レディだと思われ、これまた入れる気なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。