GeForce 9300-ITX組んでみた

GeForce 9300-ITX組んでみたShift++β
なんだか、やっぱり、結構人気だったみたいで、ほぼ完売状態っぽいです
金曜日にさっさと買っておいてよかったものか…

mini-ITXのくせに「最強」GPUチップセットらしいんですが
NVIDIAのは久々
AMD(ATi)に比べると、画面の見え方がすっきりした感じが懐かしかったりして

ただ最新チップセットのおかげでファンスピードはわからなかったり
motherboardのメーカーもサポートする気あるんだろうか?みたいな

SATA2つしかつけてないくせにRAIDセットアップの項目があったり
BIOSでも電圧下げとかが出来なかったり?
メモリ電圧下げ、FSBクロック下げは出来るみたいだけど
結果、ファンスピードを下げられるかどうかは不明…

なので概ね好評のリテールファンも机上だとやっぱりうるさいし


これまたチャレンジの4GBモジュールDDR2 PC6400(DDR2-800)

前にも書いたけど、新製品ってこともあったし
メモリそのものがオーバークロック向けみたいな事だったんで
あっさり動かせましたな
CL5 1.9V駆動って事になってます
まだまだ高い1枚あたり1万円超え
2Gの2枚セットとかだと3000円とかで買えちゃうんですけどね

RAMディスクも5Gとか作っちゃって
何とかに小判みたいな…

で、こいつが初物Intel謹製Core2Duo E8400 3.0Ghz
世の中は×4 クアッドコアで盛り上がっているようですが
AMD派だったのでCPUに1万円以上ってのは、かなり度胸が要るわけで
しかも、ハイエンド指向ではなかったんですけど

Athlon64X2のeシリーズTDP45W並みの低発熱、省電力だという話だったんで

これも発売当初は2万円越えの売れ筋だったんですよねぇ~一応

省電力はクロックダウンとか出来ていないんですが
定格で5050eくらいの35度とかだから、やっぱり低発熱みたい

う~ん、ファンスピードを自動で下げてくれたり出来れば、なぁ…
実は3Ghzも2Ghzも、大したことやってないんで同じような気がしてたりして

素組状態
SATAが2つしかないんで、バラックのまま、インストールを始めてしまいましたな
ドライバをインストールしちゃえば、ほとんど光学ドライブも使わないし
母艦(どれが母艦になるんだろうか?)か外付けUSB接続でISOにして
仮想ドライブで読み込むとか…
ATOK2009はダウンロード版にしておいて正解だったかも

続く…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。