タグ別アーカイブ: キーボード

HHKB Professional2墨US無刻印 復帰記念

FILCO

HHKB Professional2墨US無刻印、無事戻ってきた
ホントなら有償交換だったところをPFUの好意で修理して貰えた
ありがたや…

でも、やっぱり打ち心地はType-Sの方がいいかな、と

打鍵音も、ちょい気になるし…てかType-Sどんだけ静かだったんだって

FILCOのウッドパームレストはSサイズで、ちょい幅がはみ出るけど
まぁ、ほぼジャストサイズって感じ
今時分(12月は冬)は、ちと寒々しい
木のぬくもりは、ない…
個人的には、もうちょい高くてもいいかなと
おまけの高さ調整ストッパー付けても、ちょい足りないかなと

FILCO ウッドパームレストSサイズ(幅300mm) 天然堅木製 オスモカラー仕上げ 日本製 ブラウン FWPR/S

続きを読む

休みだったので思わずポチっちゃいました

USB_LL

変換名人 USBM5-LLF 左L型 MiniUSB(メス)⇔MiniUSB(オス) (5芯+シールドフル結線)

HHKB接続用に…
ケーブルでフルサイズUSB変換ってのもあるんだけど、長かったり、結線が足りなかったりで
まぁフル結線でなくとも接続は出来るみたいだけど

FILCO ウッドパームレストSサイズ(幅300mm) 天然堅木製 オスモカラー仕上げ 日本製 ブラウン FWPR/S

品薄らしいんで、在庫有りだったヨドでポチってしまった…
どうも品薄感出されるとポチってしまうんだが、ちょい病んでるのかも知れない(´Д` )

 
FILCO Majestouch MINILA Air Cherry MXスイッチ赤軸 日本語配列カナなし Bluetooth3.0ワイヤレス接続 ダブル親指Fnキー配列コンパクトメカニカルキーボード 6キーロールオーバー ブラック FFBT68MRL/NB

コレ↑持ってるんで、JP配列のBluetoothってのを試そうかと思ってたんだけど
いやいや、BIOSに入れないヂャンと

FILCO Majestouch MINILA JP配列カナなし 赤軸 新開発ダブル親指Fnキー配列 コンパクトメカニカルキーボード 6キーロールオーバー USB ハブ1ポート付き ブラック FFKB68MRL/NB

ならば有線版でいいヂャンと…
しかし、有線になっただけで代わり映えしないし
赤軸から黒軸あたりに替えてみて試してみようかとも思いつつ
HHKBの打鍵感に一番近いのは、やっぱり赤軸だったし…
US配列はというと、何故か、こちらも品薄感アリアリで、ちょい高いし

続きを読む

iPad2とNexus7持ちなのにiPad miniも買った訳

IMG_4656

新型の噂もありぃので、最初は余裕でスルー予定だったのだけれど
如何せん、Nexus7のバッテリーの持ちが悪く…

iPad2は一週間放置(Wi-Fi接続しっぱ、アプリ更新貯まりまくり)してても余裕なんだけど
Nexus7はというと、完全放電…

まぁKindle Paperwhite並とはいわないまでも…
E-Inkのスマホとかってのもチャイ製で出る?らしいんだけど
6インチとかでiOSデバイス並のタフネス・バッテリーだったら脊髄反射しちゃうんだけどなぁと

あと、なんちゃってAir化出来るキーボードが出てて、マニアとしては試してみたかったってのも

iPad2用のも一緒にポチってしまったんだけど
人気のmini用はちゃっちぃんだけど、iPad2(4でもいけるらしい?)用のは剛性もしっかりしてた

iPad2持ちなのに、ちっちゃくなっただけのminiを静観しきれずに買ってしまった訳なんだが
ちっちゃくなっただけ、というのが結構デカかったりするという、訳の分からない日本語(´Д` )

キーボードは最悪セパレートで使えばいい訳だし
ちっちゃく、軽くなっただけで、こんなにも違うのかっ!?というのが正直な感想
店頭でブツを試してみても判らない感覚じゃないだろうかと
高解像度の方も、多分、同じ理由で普段から使ってみないと違いというか差が判りにくいと思われ

Nexus7というか、Androidもこなれてきたとはいえ、やっぱりバッテリー駆動と
アプリ資産というか先行してたiOSデバイスとの差は埋めきれないんじゃないかなぁと

使い方なんだろうけど、とにかく毎日帰宅したら充電というのは嫌な訳で
キビキビさもそれなりには欲しいんだけど、どちらかというと、タフな方がいいよなと

続きを読む

なんちゃってハイブリッドめざして~Nexus 7

2012-10-22_02h53_29

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (クロ)が、今んトコ鉄板Bluetoothキーボードで

何だか、普通に¥1,600とかだったのが、あれよあれよという間に¥2,000越えしてるし

シロ持ってるんだけど(2012/4¥1,780でした)アイソレーションもどきってのと

メンブレインっぽいタッチが、今ひとつかなぁと

これでマルチペアリングだったりすると一択なんだけど、んなぁ事ぁないって

が、ペアリング自体は何でも来いっていう感じで、WindowsからMacからiPhoneから
普通にAndroid(Nexus 7)まで、簡単に繋がるんで、鉄板ちゃ鉄板

もうちょい小さめで、iPad2のキーボード付ケースのを引っぺがして使えるかと思いきや

これが何故かWindowsは繋がるんだけど、Androidは駄目だった…って何?

メーカーのホームページを見たら、微妙に型番違いがあったりして
TK-FBP030ECBK ってのは、iOS専用になってた…

あんまり癪に障るんでBluetooth3.0対応 【節電モデル】 BSKBB06BK ってのを
ポチったんだけど、これが、ちょい大きめ、というかポケモンキーボードと同じくらい

んで型番違いのAndroidもいけそうなTK-FBP030EBK を狙って…

続きを読む

やっぱりキーボードマニアなのかも~決定HHKB Type-Sポチったし

WS000054

Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 白(英語配列)¥29,800

やっぱりね、っていう事っす…
Lite2でそこそこ快適なのに、Professional2の直販限定モデルったら
どうなっちゃうんだろう?っていう興味と自己満足だけだったりして

購入に踏み切ったのは、何だかキーボードのホットキーで切り替え出来なかったKVM
突如としてHHKB Lite2でも普通に出来る様になったのです
マウスでもコントロール出来るようになってるし…

以前、カシャカシャとうるさいんですが…

深夜でも雨降りとかなら隣の部屋の人の迷惑にもならない?
雨以外だと、ちと近所迷惑っぽいかなぁとメチャメチャ気を遣ってしまうんですが
電子レンジとかブォォ~って五月蠅いんで、意味ないですねぇ

US配列にしたのは、やっぱりJIS配列だと折角のHHKBダサダサになってしまう気がしたんです

実際、US配列の方がキーボード歴は、まだ長かったりするので
直ぐに勘は取り戻せるだろうという楽観的観測です…
むしろWindowsの設定とか、キーアサインのカスタマイズの方が大変かも知れないと

JIS配列でもFnキー+使いまくりなので、Ctrl+ショートカットもMacでも使えるようにしたりとか

打ちやすさは、慣れれば断然HHKBなんでしょうけど
誰にでも勧められるもんでもないですねぇ

値段も当然ありますけど(¥29,800!ってAndroidスレート買えそう)
タイプライター型ってのが、今時は微妙ですし
USB有線で机の上コード出ちゃうし、Fn+使わないと特殊キーというかカーソルすら動かせないし

無難に流行のBluetooth+パンタグラフ+アイソレーション、JIS配列ってのが一番かも知れません
それなりに使いやすい(打ちやすい)キーボードは出てますけど
キーボードもマウスもTrackPadも、それなりのを使わないと使いにくくて
便利に使うはずのPCが鬱陶しくなってしまう訳で
ちょっと大きめの普通のUSBワイヤレス・マウスなんてのも今度探しに行こうかと思ってたり
※ロジクールのはやっぱりKVMと相性悪いんですが最新のだとどうなんだろう?とか

続きを読む

やっぱりキーボードマニアなのかも~iBuffalo編

kb_0

上が純正、下のがiBuffaloのBluetoothキーボード、一応Win&Mac兼用対応

kb_1

上が同じく純正、下のがiBuffalo有線USB、何故かWin専用ってなってる
上の画像のBluetooth版の色違いっていうほど同じだし
各々色違いで当然、ホワイト版もあるので、全くといっていいほど同じ
インターフェイスが違うだけ?

kb_3

因みにワイヤレスUSB・トラックボール付ってのは、キートップの大きさは流用っぽいけど
他は微妙に違っている。大きさも微妙だし…並べないと判らないと思われ

続きを読む

死んだApple純正キーボード買い直そうと思っている件

WS000045

HHK Professional買うならプラス1万円っていう差額は微妙というか決定的ではありますが
この際、Type-Sっていう直販限定モデルに手を出しちゃうって…
たかがキーボード、されどキーボードってな訳で
完全にマニアの領域のようにキーボードを買いあさっている風なんですが

Lite2、メンブレインのくせに、メンブレイン特有の滑る感じが全くありません
限りなくタイプライター型のイメージな打鍵感だと思います。

パンタグラフ+アイソレーションみたいなキートップじゃないので
打ち込む、というイメージで打たないと確実に打てない感じ?
昔、散々、この手のキーボードは使ってたんで平気でしたけど
今時は、いきなりタイプライター型使わされると面食らうんでしょうね、多分

メンブレインそのものも希少価値が出るかも知れないくらい少なくなってるんで
パンタグラフ当たり前、でも、やっぱり機種によって打鍵感は微妙に違ったりする訳で

アイソレーションにしてもキーピッチとキーストロークで全然違いますし
両者が同じスペックだったとしても、個体差があったりしますので
店頭で現物を試し打ちっていうのも、相当へたってたりするので考え物だったりします

HHK唯一の弱点といえば、カバーがない事

フリーカットのサランラップみたいなのとか、シャワーキャップ型が付けられますけど
多分、キートップの大きさというか高さに違和感出るでしょう

さりとて、弱点は、そのまま汚れとか、ゴミがキーの間の隙間に入り込むっていう事です

その点、アイソレーションは余り心配することなく、カバーレスでも使えるし
カバー付けておけば、カバーがへたるまで綺麗に使えるんですけどね

この打ち味を覚えてしまうと、カシャカシャ音気になるけど、止まらない…

続きを読む