タグ別アーカイブ: PhenomⅡx3 720BE

今更 Win7RCとXPのデュアルブートの件

XP…何故、今更感丸出しなんだが…

手持ちのVista
Ultimateは64bit版のDPSで、HomePremiumは32bit版だけどアップグレード版
つまりは一発インストール可能なのは64bit版で、ドライバが微妙
HomePremiumはクリーンインストールしようとしたら2回も延々とインストールする事になる

更に
SP2をあてるのには、普通にSP1がインストールされていることが前提だそうで
vLiteなんてのを使って軽量化してるとSP2は、はねられてしまう
ま、別に困ることではない程度のSP2らしいけど

XPはチップセットドライバのインストールするタイミングさえ間違わなければ、SP3をあててしまえば、Hotfixを延々とダウンしてインストールっていうのもないし

SP3をあててからドライバのインストール
希にだとは思うけど、一度、失敗したことがあったんで、SP2での一通りのドライバセットアップをしてからの方が間違いなさそう
マザーボードのドライバディスクからではなく、最新のドライバセットをダウンロードしたのを順番にインストールしていくんだけど…

要は、インストール時間が短いということ
32bitなら、枯れてるんで、まず間違いないということ
Win7のXPモードでも、結局、Win7で認識出来ないドライバはXPモードでも認識出来ず、使えないんで、普通にXPを入れておけば、32bit環境で動かないっていう事はなさそうだという事
続きを読む

MA78GPM-UD2H 5400+BE

無償サポートが終わったって、認証は受け付けてくれるんだろうな、きっと…

ということで、面倒だった再クリーンインストールをして、消費電力検証の続き

M/B:GA-MA78GPM-UD2H(BIOS/F2)
CPU:Athlon64 x2 5400+ BlackEdition
MEM:Bulk DDR2-800 2GB×4(SiliconPower 4GB Kit CL5)
SSD:MLC SATA 32GB(ELECOM)
HDD:2.5″ SATA 5400rpm 160GB(Seagate)
Supply:PowerGlitter400
OS:MCE2005→Professional化SP3

Windowsを変えてみたんだけど、まぁ、nLiteでゴリゴリ縮めてるんで、あんまり代わり映えはしない
後は、ほぼ同じのはず

銅板の威力で少しは電圧下げが出来るかな?と思ってたんだけど
TDP65W版だとしても、もう前時代って事なんだろうか?っていう結果だった
続きを読む

MA78GPM-UD2H 2oz Copper Power

銅板Power炸裂だった、という話

ま、こんなもんでしょ、と思ってたら、やっぱり価格差(っても、ほんの2000円くらいだけど)だけあったっちゅう話でもあるわけで…

×15 3.0Ghz VCore1.2V by CPU-Z

×15 3.0Ghz 1.20V(-0.125V) Load:90W Peak:114W Idol:68W

余裕で1.25Vをクリアした後は、戦々恐々としつつも、-0.1Vをクリアして、そろそろかなぁ?みたいな予感をしつつ、ツツツ…

1.2Vで無事、起動
VCoreの表示とかがおかしいのか、何なのか?TA790GX XE と比べると1.275V設定の電圧によく似てるし

ただ、リセット後、ちゃんとに一端電源が落ちないみたいだった
手動リセット後、普通に起動
再度リセット、通常通り電源一瞬オフ再起動、で、やっぱり禁断だった-0.15Vに挑戦するも
Load、Windowsのロゴは表示したけど、マウスカーソルが出て来て、すぐに勝手に再起動

3Ghzオーバークロック、VCore1.225Vってのが常用安パイってのが結論
続きを読む

MA78GPM-UD2H Voltage Down

TA790GX XE で試してあったので、×15 3.0Ghz VCore1.30V(ー0.075V)の電圧チェック
×14 2.8Ghz VCore1.25V(-0.125V)の電圧チェックをした

MA78GPM-UD2H+PhenomⅡx3 720BE 2.8Ghz Vcore:1.25V

結論からすると、多少の誤差はあるものの、電源オン直後の電圧は下げることが出来た、みたい
それでも何故か790G搭載のTA790GX XEより高い電圧のままだった(ほんの僅かではあるけれど)

Peak(Windowsのブート時)Idolともに、こちらは、結構な差が出た
Peakで20W強、Idolでも10Wほど、MA78GPM-UD2Hの方が高かった

BIOSセッティングだけで何もしてない状態と、ADOやらでごにょごにょしてた状態なので、そこらへんでも差が出ているのかも知れない

何にしてもET-6(EasyTune6:GIGABYTEマザーボードおまけソフト)AMD OverDrive等々で、Tuneは出来そうなので、伸び代はあるのかも知れない

気分的にも、もうちょい、余裕が欲しいので、下げておきたいところでもある
続きを読む

M4A78-EM~電圧下げ出来ないし

ASUS M4A78-EM
んとに、MicroATXって、あんまり出てないし
世の中、そんなにPCIeスロットとかにガンガン、カード刺す人って沢山いるんだろうか?と思うくらい、普通にATXは同じようなマザーボードが沢山出てるし

なんだか、軽く型番が違うだけの、何がどう違うの?みたいなATXマザーが同じメーカーから3種類くらい出てたり…

かたやMicroATXはというと、790G搭載となると、ほとんど選択の余地なし
780Gは、微妙で、きっちり調べておかないとphenomⅡが乗らなかったりするし

ASUSの一番新しいAMD系MicroATXマザー、だけど780G
エコなマザーらしい
って結局、ツールというか、ソフト代で高くなってるのか?みたいな話だったけど
続きを読む

MINIX-780G-SP128MB編~PhenomⅡとか5400+BEとか

誠に残念ながら(なのか?)PhenomⅡx3 720BEは、BIOSでは「unknown」で表示され、BIOSまではいけましたけど、WindowsはBootせず
何とかしたら動いたのかもしれないけど、元々サポートされてないCPUだし
BIOSも新しいのが出てないってことは、永遠にPhenomⅡは乗らないんでしょう
たぶん、きっちりPhenomⅡ対応の790Gとかを乗せた新しいmotherboardが出るんではないかと
MINIX-780G + 5400+BE 定格
恐ろしいってのもあったんで、5400+BEから始めたんでした

構成
M/B:MINIX-780G-SP128MB(BIOS:100808-20081008 Ver.080014)
Cool N Quiet = Enable
NB = SIDEPORT
MEM:SO-DIMM PC2-6400(DDR2-800)2GB×2 CL6
SSD:ELECOM MLC SATA 32GB
HDD:Seagate SATA 5400rpm 2.5″ 160GB
Power:パワグリ400W
CPUファン:TR2-R1(グリスなしで乗せただけ)
※このマザー、ファンコントロールが4ピンでないと出来ないらしく、ファンコンで800rpm制御
※たぶん、ファンの出力で電圧も変わっていくので、結構、シビアかも
続きを読む

ともかくpicoPSU-120で動かしてみた

PhenomⅡx3 720BE+picopsu-120
M/B:TA790GX XE
CPU:PhenomⅡx3 720BE
MEM:PC2-6400(DDR2-800)2GB×4
SSD:2.5″MLC SATA 32GB
HDD:2.5″SATA 5400rpm 160GB
FAN:TR2R1
BIOSで3Ghz(×15)にオーバークロック、電圧は1.25Vに下げ
790Gセッティング、SidePortのみ
ファンコントロール、quiet
ワットチェッカーTAP-TST5目視読み

Load 90W
Peak 116W
Idle 54W

ちなみにパワグリ400Wでのデータ(ハードは全く一緒の電源違いなだけ)
Load 86W
Peak 102W
Idle 61W

何故か、全体的にアゲ傾向なのは何故?
ひょっとしてデュアルコアプロセッサとかが入ったままだから?
AMDドライバも古いのを入れちゃったから?
続きを読む