タグ別アーカイブ: SF

早川文庫が好きかも

「宇宙の戦士」に捧げ…てるらしい 今日買った本

老人と宇宙(そら) (ハヤカワ文庫SF)

話の進め方というか、あらすじ大筋同じというだけではある
一応、宇宙戦争で、異星人と戦う歩兵の話
兵役志願するまでのプロセス、訓練期間の様子、初戦闘シーン等々
だいたい同じような進み方で、確かに似ているといえば似ている
機動歩兵かどうかというのが重要だったりすると
映画版「宇宙の戦士」の方を思い浮かべた方がいいのかも

う~ん
映画も、だけど、この邦題の付け方は何とかならんだろうかと

Finding Foresterが「小説家を見つけたら」なんてのは洒落てていいと思うけど
「老人と宇宙」で「宇宙の戦士」オマージュって言われても…
ネタバレだし…
続きを読む

バビロニア・ウェーブ

b-babironia

バビロニア・ウェーブ 税込924円
やっぱり大昔、SF月刊誌とかでだと思うけど、国産SFのスケールってどうよ?みたいな
記事があって
日本が沈没したときの死者数とか
木星を爆発させた時の火薬量(換算ね)とか
アホな話としての記事だったんだけど
距離のスケールとしては、一番だったんじゃないだろうか?
太陽系横断だし…
続きを読む

遺跡の声 元祖トリニティ

b-iseki

遺跡の声 税込777 円

重要な登場人物(人ではない)の名前がトリニティなんです
20年くらい前に書かれているんで、パクリではないんです
ぶっちゃけ、トリニティっていうと、個人的には、こっちを思い浮かべる人だったりして
なんで、結構、衝撃的だったりして
女じゃねぇよな、トリニティって
でも男でもないし…

続きを読む

不確定世界の探偵物語

b-tantei

不確定世界の探偵物語 税込924円
ついでに買っちゃったんだけど、鏡明って、ちゃんと書いてたんだ…
と、解説に、そこいらへんも解説してくれてるんだけど
書評とかでしか見ない名前だったんだけど

これまた、今時の脳内映像化がし易い話かも
てか、まんま映画化とかしたら面白そう(実写限定だけど)

続きを読む

司政官 全短編

b-shiseikan

司政官全短編 税込1575円

懐かしい…第一声(心の声)
この頃のSFって、今時のギトギトのSFじゃなくって、こういうんだったよなぁと
サイエンス部分のシチュエーションに凝ったりしないで
ドラマ部分で読ませるっていうのか
シチュエーションが未来とか、あり得なさそうな設定とかなのは
脳内映像化が簡単にできちゃう時代になっちゃったんで
この微妙な話が、どうなんだろうか?と

続きを読む

宇宙の戦士

b-sensi

宇宙の戦士 税込 882 円
ガンダムの原型っていう話もあったんだけど、話的には、全然違う。
機動戦士=機動歩兵
大きさも違うし(どちらかというとアップルシードの強化服の方が合ってると思われ)
ちなみに映画化もされたんだけど、登場人物の名前が一緒なだけで、原作とはかけ離れた内容だったし。
原作に忠実にっていうことになると、まぁ、色々と問題もあるんだろう。

何が問題かっていうのは、後書きあたりで、「議論」しちゃってるわけで、それが古くさくなかったりする

続きを読む